【お知らせ】年末年始の休業

山河本店「香煙研究所」及びオフィシャルWEBショップは、2019年12日30、31日を休業とさせていただきます。

新年の営業は以下の通りです。

1月1日12:00〜19:00
以降10:00〜19:00

本年は念願の京都店設立が叶いました。香りの世界の楽しみを今まで以上にお伝えできるように励みます!

日頃からご愛顧くださっています皆様。お世話になった皆様、ありがとうございます。

良いお年をお迎えください。


【お知らせ】山河本店「香煙研究所」オープン!

改装がひと段落しました。ここで一旦、山河の香料を練りこんだ漆喰仕上げの店舗部分を開店させていただきます!

お線香は、カラーリングされた新パッケージが登場します。

薬草スウィートグラスを使用したお正月飾りの甘くやさしい香りが漂う店内となっていますので、どうぞお気軽にお越しください。

29日まで、年内は休まず営業する予定です。

▼オープン日
2019年12月15日(日)〜29日(日)
10:00〜19:00

▼住所
604-0847 京都市中京区秋野々町528 MAP
※烏丸通二条下る東側
※烏丸御池駅一番出入口 徒歩5分、丸太町駅七番出入口 徒歩10分


【お知らせ】山河本店「香煙研究所」設立について

お線香の制作スタジオを併設した山河オフィシャルショップを、京都は烏丸通に設立することをお知らせいたします。すでにこちらでは改装工事が始まっています。

何の後ろ盾もなく、マンションの小さな一室から始まった新興のお線香ブランドが山河です。ここまでを振り返ってみても、順風満帆と言うには程遠く苦労が絶えない日々でした。

当たり前のことを当たり前に続けながら幾多の挑戦も続けてきて、山河にしか表現できない香りの世界を探求して参りました。

みなさまが、そんな私達を見守ってきてくださったことでブランドの命運をかけた大一番に挑めることになりました。

日本の香文化の末席にて、社会の一員として、今の世の中の役に立てる道を模索し続けてきて、この決断に至ります。

今まで以上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

◾️クラウドファンディング開催を予定しております。

リターン(返礼品)では、山河の特別なお線香やオリジナルの調香でお線香制作ができるサービスなど、スタジオ併設の利点を活かしたものを考えて準備しています。

数量限定のリターンがあるので、公開されるページを事前にご覧いただくことも可能です。ご希望いただける方はその旨を簡単にメッセージいただければ、お知らせさせていただきます。

これからも益々のご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!


【お知らせ】発送遅延、長野工房閉鎖のお知らせ

▼発送遅延のお知らせ( 10月16日再開しました)

この度の台風及び土砂災害により被害に遭われた方に、心からお見舞い申し上げます。

山河の工房がある長野県東信地区も被害を受けております関係で今現在、配送業者が集荷受付を全面停止しております。

商品のご注文は受け付けておりますが、現状をご理解のうえよろしくお願いいたします。既にご注文をいただいておりますお客様には集荷が再開次第、早急に手配させていただきますので今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

▼長野工房閉鎖のお知らせ

弊社の信州工房の閉鎖をお伝えさせていただきます。台風における工房の被害は幸いながら僅かなもので、この閉鎖は以前から予定していたこととなります。WEBショップは引き続き稼働しております。

長い間お世話になった土地が今回被災したことで、その予定を繰り上げさせていただき、残りの時間は地域の復旧作業に従事したいと考えております。この想いに心を寄せていただければ幸いです。

山河は信州を離れ新天地での営業再開を予定しております。とても前向きなお知らせは後日改めさせていただきますので、今後とも何卒倍旧のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


【ご報告】【供香】金剛山自成寺 晋山式・晋山開堂、位牌堂落慶法要(佐久穂)

10月1日、長野県佐久穂町の金剛山自成寺で執り行われました晋山式・晋山開堂、位牌堂落慶法要において山河は、場を清めるための供香の役を新命方丈様よりご推挙いただきました。

禅宗である曹洞宗では初の試みということもあり、多くの方々にご協力をいただきながらこの任を無事に務めることができましたことをご報告させていただきます。お供えさせていただいた香は、山河の和香木になります。

本山をはじめとした多くの方丈様にもご興味をお持ちいただき、宗派や個人のお立場から香についてのご意見を広くお聞きする機会にも恵まれました。 
今後とも山河は、日本文化の継承と更新に努めて参ります。
@金剛山自成寺

〒384-0501
長野県南佐久郡佐久穂町余地1060 MAP


【INCENSeffect】Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019@コトバヤ(長野)

▼開催日時
9月8日 日曜日
開場 17:00
開演 18:00

▼参加費
事前予約4000円 / 当日4500円

▼会場
コトバヤ 本と珈琲
〒386-0012
長野県上田市中央4丁目8-5 MAP

▼予約・お問合せ先 
田畑有子(たばた ゆうこ)
TEL : 090-6068-7115
MAIL : kailashseika@gmail.com

▽緊急連絡先
実近修平(さねちか しゅうへい)
TEL : 080-6335-6962
MAIL : shuhei.sanechika@gmail.com

Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019 オフィシャルFacebook ページ
“ わたしは進化してゆく 大いなる沈黙のなかで “


◇ MBIRAについて ◇
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ民族に、1000年以上前から土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

◇ MBIRA奏者:Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)◇
1952年生まれ
1968年にショナ民族伝承の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏する。現在まで50年以上儀式で演奏をしてきた。儀式での演奏者で伝承者、またMBIRA製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。

◇MBIRA奏者:実近修平(さねちか しゅうへい)◇
1981年生まれ
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ土着信仰の伝承楽器MBIRA奏者のRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は九度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝承曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。

◇ Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019 への想い ◇
いま地球上で多くの目覚めが起こっています。もう地球で起こっていることに目を背けることができない時代がやってきたと感じています。こうした潮流にあってSimbotiの奏でる音が存在たちにどう目覚めを促していくのか。わたしたちの野性を覚ますよう彼の音は誘います。太古からアフリカの大地で奏でられてきた智慧が、このタイミングの日本で展開されていくことにわくわくしています。Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan tour 2019 オーガナイザー・実近修平

◇ Simbotiによる個人ワークショップについて ◇
個人ワークショップをご希望の方は、田畑有子にご連絡ください。
日程や会場は御依頼人と相談をして決めます。
原則として30曲以上を習得された方を対象とします。
(1曲 60分 12000円/実近から学んでいる方は6000円)

◇ 物販 ◇
Simboti製MBIRA Low-Sangweme turn 1台/ 80000円
CD各種・Zimbabwen crafts

◇香りの空間演出「INCENSeffect」


コトバヤ店内写真


【聞香】和香木ならい@森のくすり塾(長野)

山河が提案するのは、日本の樹木を題材にした香席です。

香道で使用されてきた香木の主な原産地は、東南・南アジアです。これまで国産樹木が香木として扱われることは稀でした。

前回とは異なる和香木も登場します。
組み合わせを毎回変えながら、三種の香りを聞きます。この聞香では、全十数種の樹木から代表となる和香木の選抜を皆さまと一緒に行います。

採取・加工・香炉にくべるまでの全工程を香元が執り行うことで、新たな香りの世界へ皆さまをお誘いできるように努めて参ります。

微力ではございますが、日本文化の発展に貢献できるならば幸いです。

▼開催日時
9月7日(土)
10:00~11:30

▼会場
薬房 森のくすり塾
〒386-1437
長野県上田市野倉841 MAP
TEL : 0268-38-9606

▼参加費
¥2,000

最大10名様(ご予約者様優先)
満席

▼聞香(もんこう)
聞香は、香を聞き鑑賞します。組香のように香の同異をあてることはしません。香りを自分の内側に取りこみ、心を遊ばせます。

▼香道
香道は、茶道や華道と並ぶ日本三大芸道のひとつです。仏教伝来によって香木を焚き始めたことが起因とされる日本香文化は、平安時代になると宗教儀礼を離れ、香りを聞いて鑑賞するようになりました。室町時代には香道の礎が築かれ、上流階級の芸道として発展しました。

泰平の世と言われた江戸時代には香道の流派は百を超え、公家や武家の伝統ある流派や民衆のあいだから興った流派によって香道がもっとも活気に満ちていました。山河流はその追憶から、香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な香席を提案しています。


▼野倉・別所エリアのご紹介

茶房パニ
長野県上田市野倉524-1 MAP

森のうつわ屋
長野県上田市野倉936 MAP

アースワークスギャラリー&ゲストハウス
長野県上田市別所温泉1725 MAP

別所ビレッジ(テナント兼シェアハウス)
長野県上田市別所温泉195-1 MAP

パンとお菓子 まるふじ
長野県上田市別所温泉1717-5 MAP

別所古道具店
長野県上田市別所温泉76 MAP

別所温泉外湯(共同浴場)と足湯の案内はこちら

別所神社
長野県上田市別所温泉2338 MAP

北向観音 常楽寺
長野県上田市別所温泉1656 MAP

八角三重塔(国宝)安楽寺
長野県上田市別所温泉2361 MAP

大湯薬師堂
長野県上田市別所温泉 MAP

別所エリアの神社仏閣の案内はこちら


▼上田市街のご紹介

NABO(BOOKS & CAFE )
長野県上田市中央2-14-31 MAP

コトバヤ(本と珈琲)
長野県上田市中央4-8-5 MAP

ノキロアートネット(期間限定8/10 – 9/30)
長野県上田市中央1-2-14 MAP

犀の角(劇場・ゲストハウス)
長野県上田市中央2-11-20 MAP


【聞香】和香木ならい@森のくすり塾(長野)

山河が提案するのは、日本の樹木を題材にした香席です。

香道で使用されてきた香木の主な原産地は、東南・南アジアです。これまで国産樹木が香木として扱われることは稀でした。

前回とは異なる和香木も登場します。
組み合わせを毎回変えながら、三種の香りを聞きます。この聞香では、全十数種の樹木から代表となる和香木の選抜を皆さまと一緒に行います。

採取・加工・香炉にくべるまでの全工程を香元が執り行うことで、新たな香りの世界へ皆さまをお誘いできるように努めて参ります。

微力ではございますが、日本文化の発展に貢献できるならば幸いです。

▼開催日時
7月27日(土)
10:00~11:30

▼会場
薬房 森のくすり塾
〒386-1437
長野県上田市野倉841 MAP
TEL : 0268-38-9606

▼参加費
¥2,000

最大10名様(ご予約者様優先)
満席

▼聞香(もんこう)
聞香は、香を聞き鑑賞します。組香のように香の同異をあてることはしません。香りを自分の内側に取りこみ、心を遊ばせます。

▼香道
香道は、茶道や華道と並ぶ日本三大芸道のひとつです。仏教伝来によって香木を焚き始めたことが起因とされる日本香文化は、平安時代になると宗教儀礼を離れ、香りを聞いて鑑賞するようになりました。室町時代には香道の礎が築かれ、上流階級の芸道として発展しました。

泰平の世と言われた江戸時代には香道の流派は百を超え、公家や武家の伝統ある流派や民衆のあいだから興った流派によって香道がもっとも活気に満ちていました。山河流はその追憶から、香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な香席を提案しています。


▼野倉・別所エリアのご紹介

茶房パニ
長野県上田市野倉524-1 MAP

森のうつわ屋
長野県上田市野倉936 MAP

アースワークスギャラリー&ゲストハウス
長野県上田市別所温泉1725 MAP

別所ビレッジ(テナント兼シェアハウス)
長野県上田市別所温泉195-1 MAP

パンとお菓子 まるふじ
長野県上田市別所温泉1717-5 MAP

別所古道具店
長野県上田市別所温泉76 MAP

別所温泉外湯(共同浴場)と足湯の案内はこちら

別所神社
長野県上田市別所温泉2338 MAP

北向観音 常楽寺
長野県上田市別所温泉1656 MAP

八角三重塔(国宝)安楽寺
長野県上田市別所温泉2361 MAP

大湯薬師堂
長野県上田市別所温泉 MAP

別所エリアの神社仏閣の案内はこちら


▼上田市街のご紹介

NABO(BOOKS & CAFE )
長野県上田市中央2-14-31 MAP

コトバヤ(本と珈琲)
長野県上田市中央4-8-5 MAP

犀の角(劇場・ゲストハウス)
長野県上田市中央2-11-20 MAP


【聞香】和香木はじめ@森のくすり塾(長野)

この度、長年に亘り山河が独自に選定を進めてきた日本の樹木を題材にした香席を始めます。

香道で使用されてきた香木の主な原産地は、東南・南アジアです。これまで国産樹木が香木として扱われることは稀でした。

採取・加工・香炉にくべるまでの全工程を香元が執り行うことで、新たな香りの世界へ皆さまをお誘いできるように努めて参ります。

微力ではございますが、日本文化の発展に貢献できるならば幸いです。

▼開催日時
6月22日(土)
14:00~15:30

▼会場
薬房 森のくすり塾
〒386-1437
長野県上田市野倉841 MAP
TEL : 0268-38-9606

▼参加費
¥2,000

最大10名様(ご予約者様優先)
満席

▼聞香(もんこう)
聞香は、香を聞き鑑賞します。組香のように香の同異をあてることはしません。香りを自分の内側に取りこみ、心を遊ばせます。

▼香道
香道は、茶道や華道と並ぶ日本三大芸道のひとつです。仏教伝来によって香木を焚き始めたことが起因とされる日本香文化は、平安時代になると宗教儀礼を離れ、香りを聞いて鑑賞するようになりました。室町時代には香道の礎が築かれ、上流階級の芸道として発展しました。

泰平の世と言われた江戸時代には香道の流派は百を超え、公家や武家の伝統ある流派や民衆のあいだから興った流派によって香道がもっとも活気に満ちていました。山河流はその追憶から、香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な香席を提案しています。