月別アーカイブ: 2017年11月

【供香】【INCENSeffect】竹楽団と鬼太鼓座響演@世界遺産 仁和寺(京都)


「右京から世界へ!響けみんなで作る和の音」

創立47年を迎える
プロ和太鼓集団「鬼太鼓座」
京の子供たちを中心とした竹楽団が
世界遺産仁和寺にて響演します。

祈る心と
和太鼓を中心とした
和の楽器が響きあえば

それはまさに
音が導く一期一会のひと時。

全身全霊 魂が
震える感動をご一緒に‼︎

世界遺産仁和寺を舞台に
より身近に本物を感じていただける
公演です。

共に未来に
つながる第一歩として
ぜひ皆さまお足運び下さり
お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

◆日時
12月10日(日)
開場:13時30分
開演:14時
終演予定:15時30分

◆場所
世界遺産 仁和寺

〒616-8092
京都府京都市右京区御室大内33 MAP

嵐電 御室駅徒歩5分
駐車場 100台有

◆観覧券

特別有料席100席5,000円(ひざ掛け、カイロ、待合室ご案内)
ご協賛・資金の一部は仁和寺観音堂等修理事業に充当させていただきます

090 9327 5956
on.project1129@gmail.com
—–
お名前
お電話番号
住所 チケット送付先
チケット枚数
—–
をお知らせ下さい。

敬老席、乳幼児、お体の不自由な方無料
観覧無料(立ち席)入山料無料

事業実施を支えるご協賛を募集しております!

◆雨天決行
事業の性質上、キャンセル、ご返金はございません。
資金、ご協賛の一部を 仁和寺観音堂等修理事業にご寄進いたします。

◆後援
京都市、京都府、京都市観光協会、
京都新聞、NPO法人ミュージック&リズムス、NPO法人和文化交流普及協会

◆協力
世界遺産仁和寺、鬼太鼓座、嵯峨野児童館、
日本伝統香文化 山河、京都リビング新聞社、
はなぶさ保育園・はなぶさ児童館 株式会社アド・エポック

◆右京まちづくり支援制度採択事業
◆文化芸術による地域のまちづくり認定事業
◆京都府地域力再生プロジェクト支援事業
beyond2020認定プログラム

◆主催
on.project実行委員会事務局

※ご協賛資料についてのお問い合わせは以下となります
joy.rabing@gmail.com


【出店】【Workshop】Go Green Market TOKYO 2017 Fall@京王フローラルガーデンアンジェ(東京)

2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。

我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。 これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。

美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

期間
2017年
11月25日(土) 10:00〜16:30
11月26日(日) 10:00〜16:00

会場
@京王フローラルガーデンアンジェ
東京都調布市多摩川4-38 MAP
tel:042-480-2833

入場料
500円

GGMオフィシャルサイト


出展者一覧
desert plants 【HP
RYOKKYO GARDEN【instagram
greenshare【instagram
はな*いとし*こいし【FB
La terre【FB
greengalleryGARDENS【HP
風遊花【instagram
Feel The Garden【HP
ラフイユ【instagram
Little Forest【HP
Green&FlowerStudio.Li-an【instagram
Jewel Garden【FB
greenspot【instagram
TEN flower design【instagram

【アンティーク】

meno【HP
RUSTIC GOLD【HP
le petit bourgeon (ル プティブルジョン)【HP
みぃゆう。【HP
Lewis Blue Antiques【instagram
しろねこ家
東欧雑貨overflow【HP
le jardin du herisson【HP
elephantpaw【HP
家貨屋kakaya【FB
古物百貨店ALLTOMORROW’S PARTIS【HP

【クラフト】

merrily【instagram
Ange epais【HP
PITAGORA BASE【instagram
AYUMi【HP
Beach Lumber【HP】
shop.ff.plantule【HP
HUTS【HP
OpaLLios【instagram
Atelier Lis.【HP
日本伝統香文化 山河【FB

受付:随時
所要時間:約30分
参加費:3000円


WHITE SAGE(ホワイトセージ)
ホワイトセージはネイティヴアメリカン(先住民族)が浄化のハーブとして使用します。スパイシーな香りが特徴的なハーブです。


PALO SANTO(パロサント)
パロサントはアンデス文明で祭事やシャーマン(祈祷師)が執り行う伝統医療で使用されました。甘みのある個性的な香りが特徴的な香木です。

未知花【FB
Room No.6【instagram
JOY FlowerWorks【instagram
SUNn・寸【instagram
adequate【HP
Tane & Unsin【FB
bonobojapan【HP
kurumi’succulent【instagram

【オーガニック】

旅キッチン【HP
PLAIN COMPANY【HP
ttooタストオ【HP

【ファション】

KORCULA【HP
MOTHER LIP【HP
よひらのはな【HP

【他】

晴れの日マーケット

【FOOD/移動販売車】

カルダモン食堂【HP
lunch stand tipi【HP
Bear’s CAMP Cafe´【HP
ボナペティ―【twitter
O.B.O【HP
Grill Tokyo【twitter
Caffe la Macchina

【FOOD/テント出店】

Me家(みけ)【HP
風早橋ガーデングリルカフェ【FB
Secret of Herbs【FB
自然菓子cacika【FB

【FOOD/自転車】

HUGSY DOUGHNUT【HP

※敬称略、順不同


Go Green Market in Tokyoについて

欧米で近ごろよく耳にする「GO GREEN」という言葉。
それは、「緑化」のみでなく、地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮しを送るという意味を持っています。

多種多様なスタイルがありますが、オーガニックな食べ物や自然素材のプロダクト選ぶこと、ゴミを減らしてリサイクルすること、アウトドアで遊ぶこと、DIYでつくること、などなど。
「ロハス」と意味合いは似ていますが、精神論だけでなく、もっと実践的でアクティブな潮流と言えるでしょう。

Go Green Market in Tokyoでは、プリミティブなアンティークやガーデンジャンク、リネンウエアを扱うショップや、オリジナリティにこだわった園芸店、ラブ&ピースのメッセージを持つアーティストたちなど、およそ50軒がテントを並べ、欧米の田舎町で開かれるアンティークショーさながらの世界を作り上げます。

四季ごとの花を公開しているフローラルガーデンを会場としているため、緑の中を散歩しながら初夏の草花を体感できるのも、このマーケットの特徴です。

まだまだエコロジーへの意識が低い日本。
都市生活のあり方や自然とのつきあい方を見直すべきこのタイミングだからこそ、改めて自然のためにできることを考えるきっかけの場になれば幸いです。

このウイークエンドをぜひグリーンの中で、大切な人と過ごしてほしいと願っています。


【お問い合わせ】
E&K PROMOTIONS GGM事務局
E-Mail :eandkpromotions@gmail.com

後援
公益財団法人 東京観光財団
調布市観光協会

協賛
京王フローラルガーデンアンジェ


※クリックすると拡大できます


【聞香】聞香と写経の会@自成寺(長野)



2017.11.3 (Fri)

13:30〜 聞香
14:00〜 写経
※聞香・写経ともに檀家向けの会となります

@金剛山自成寺
〒384-0501
長野県南佐久郡佐久穂町余地1060 MAP
0267-86-3004

▼香りを聞く香木
沈香

▼沈香について
沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。