作成者別アーカイブ: sanga

sanga について

sangaは、由緒ある世界の香りを日本伝統の「お線香」で表現するナチュラルインセンスのブランドです。 香道で用いられる香木や漢方の原料となる生薬やスパイスを基調として、ハーブや樹脂や鉱物などの珍しい香料を調香しています。 「嗅ぐ」のではなく「聞く」と表現される日本人の香りの感性と、香りと同様に「聞く」と表現される音楽との親和性を巡る試みが、香りの空間演出「INCENSeffect」です。 独自に発明した香炉による香りの焚き分けやライブミックスを通して、sangaは空間というパズルに香りのピースを組み込みます。 http://sanga-incense.com/

【供香】【INCENSeffect】竹楽団と鬼太鼓座響演@世界遺産 仁和寺(京都)


「右京から世界へ!響けみんなで作る和の音」

創立47年を迎える
プロ和太鼓集団「鬼太鼓座」
京の子供たちを中心とした竹楽団が
世界遺産仁和寺にて響演します。

祈る心と
和太鼓を中心とした
和の楽器が響きあえば

それはまさに
音が導く一期一会のひと時。

全身全霊 魂が
震える感動をご一緒に‼︎

世界遺産仁和寺を舞台に
より身近に本物を感じていただける
公演です。

共に未来に
つながる第一歩として
ぜひ皆さまお足運び下さり
お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

◆日時
12月10日(日)
開場:13時30分
開演:14時
終演予定:15時30分

◆場所
世界遺産 仁和寺

〒616-8092
京都府京都市右京区御室大内33 MAP

嵐電 御室駅徒歩5分
駐車場 100台有

◆観覧券

特別有料席100席5,000円(ひざ掛け、カイロ、待合室ご案内)
ご協賛・資金の一部は仁和寺観音堂等修理事業に充当させていただきます

090 9327 5956
on.project1129@gmail.com
—–
お名前
お電話番号
住所 チケット送付先
チケット枚数
—–
をお知らせ下さい。

敬老席、乳幼児、お体の不自由な方無料
観覧無料(立ち席)入山料無料

事業実施を支えるご協賛を募集しております!

◆雨天決行
事業の性質上、キャンセル、ご返金はございません。
資金、ご協賛の一部を 仁和寺観音堂等修理事業にご寄進いたします。

◆後援
京都市、京都府、京都市観光協会、
京都新聞、NPO法人ミュージック&リズムス、NPO法人和文化交流普及協会

◆協力
世界遺産仁和寺、鬼太鼓座、嵯峨野児童館、
日本伝統香文化 山河、京都リビング新聞社、
はなぶさ保育園・はなぶさ児童館 株式会社アド・エポック

◆右京まちづくり支援制度採択事業
◆文化芸術による地域のまちづくり認定事業
◆京都府地域力再生プロジェクト支援事業
beyond2020認定プログラム

◆主催
on.project実行委員会事務局

※ご協賛資料についてのお問い合わせは以下となります
joy.rabing@gmail.com

LINEで送る

【出店】【Workshop】Go Green Market TOKYO 2017 Fall@京王フローラルガーデンアンジェ(東京)

2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。

我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。 これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。

美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

期間
2017年
11月25日(土) 10:00〜16:30
11月26日(日) 10:00〜16:00

会場
@京王フローラルガーデンアンジェ
東京都調布市多摩川4-38 MAP
tel:042-480-2833

入場料
500円

GGMオフィシャルサイト


出展者一覧
desert plants 【HP
RYOKKYO GARDEN【instagram
greenshare【instagram
はな*いとし*こいし【FB
La terre【FB
greengalleryGARDENS【HP
風遊花【instagram
Feel The Garden【HP
ラフイユ【instagram
Little Forest【HP
Green&FlowerStudio.Li-an【instagram
Jewel Garden【FB
greenspot【instagram
TEN flower design【instagram

【アンティーク】

meno【HP
RUSTIC GOLD【HP
le petit bourgeon (ル プティブルジョン)【HP
みぃゆう。【HP
Lewis Blue Antiques【instagram
しろねこ家
東欧雑貨overflow【HP
le jardin du herisson【HP
elephantpaw【HP
家貨屋kakaya【FB
古物百貨店ALLTOMORROW’S PARTIS【HP

【クラフト】

merrily【instagram
Ange epais【HP
PITAGORA BASE【instagram
AYUMi【HP
Beach Lumber【HP
shop.ff.plantule【HP
HUTS【HP
OpaLLios【instagram
Atelier Lis.【HP
日本伝統香文化 山河【FB

受付:随時
所要時間:約30分
参加費:3000円


WHITE SAGE(ホワイトセージ)
ホワイトセージはネイティヴアメリカン(先住民族)が浄化のハーブとして使用します。スパイシーな香りが特徴的なハーブです。


PALO SANTO(パロサント)
パロサントはアンデス文明で祭事やシャーマン(祈祷師)が執り行う伝統医療で使用されました。甘みのある個性的な香りが特徴的な香木です。

未知花【FB
Room No.6【instagram
JOY FlowerWorks【instagram
SUNn・寸【instagram
adequate【HP
Tane & Unsin【FB
bonobojapan【HP
kurumi’succulent【instagram

【オーガニック】

旅キッチン【HP
PLAIN COMPANY【HP
ttooタストオ【HP

【ファション】

KORCULA【HP
MOTHER LIP【HP
よひらのはな【HP

【他】

晴れの日マーケット

【FOOD/移動販売車】

カルダモン食堂【HP
lunch stand tipi【HP
Bear’s CAMP Cafe´【HP
ボナペティ―【twitter
O.B.O【HP
Grill Tokyo【twitter
Caffe la Macchina

【FOOD/テント出店】

Me家(みけ)【HP
風早橋ガーデングリルカフェ【FB
Secret of Herbs【FB
自然菓子cacika【FB

【FOOD/自転車】

HUGSY DOUGHNUT【HP

※敬称略、順不同


Go Green Market in Tokyoについて

欧米で近ごろよく耳にする「GO GREEN」という言葉。
それは、「緑化」のみでなく、地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮しを送るという意味を持っています。

多種多様なスタイルがありますが、オーガニックな食べ物や自然素材のプロダクト選ぶこと、ゴミを減らしてリサイクルすること、アウトドアで遊ぶこと、DIYでつくること、などなど。
「ロハス」と意味合いは似ていますが、精神論だけでなく、もっと実践的でアクティブな潮流と言えるでしょう。

Go Green Market in Tokyoでは、プリミティブなアンティークやガーデンジャンク、リネンウエアを扱うショップや、オリジナリティにこだわった園芸店、ラブ&ピースのメッセージを持つアーティストたちなど、およそ50軒がテントを並べ、欧米の田舎町で開かれるアンティークショーさながらの世界を作り上げます。

四季ごとの花を公開しているフローラルガーデンを会場としているため、緑の中を散歩しながら初夏の草花を体感できるのも、このマーケットの特徴です。

まだまだエコロジーへの意識が低い日本。
都市生活のあり方や自然とのつきあい方を見直すべきこのタイミングだからこそ、改めて自然のためにできることを考えるきっかけの場になれば幸いです。

このウイークエンドをぜひグリーンの中で、大切な人と過ごしてほしいと願っています。


【お問い合わせ】
E&K PROMOTIONS GGM事務局
E-Mail :eandkpromotions@gmail.com

後援
公益財団法人 東京観光財団
調布市観光協会

協賛
京王フローラルガーデンアンジェ


※クリックすると拡大できます

LINEで送る

【聞香】【出店】聞香と写経の会@自成寺(長野)



2017.11.3 (Fri)

13:30〜 聞香
14:00〜 写経
※聞香・写経ともに檀家向けの会となります

@金剛山自成寺
〒384-0501
長野県南佐久郡佐久穂町余地1060 MAP
0267-86-3004

▼香りを聞く香木
沈香

▼沈香について
沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

 

LINEで送る

【リリース情報】【Collaboration】GOHEMP×sanga 香木キーホルダー

PALO SANTO(パロサント)と呼ばれる香木のキーホルダーです。
パロサントは南米ペルーに自生する天然の香木で「聖なる樹」と呼ばれています。
インカ帝国の時代からシャーマンたちがヒーリングや清めの儀式に使っており、火をつけると立ち昇る香り高い煙は、「場を清め、悪い精霊を追い払い、良い精霊を招き入れる」と言われています。

いつでもどこでも持ち歩くことのできる香木キーホルダー。
香木が常時放つ香りを楽しむことも、火をかけてより強力に香らせることも可能です。
自然の形をそのまま使用しているためどれひとつとして同じ形がありません。

▼ご購入はこちら
GOWEST GOHEMP Official Online Store
※重さによりお値段が変わります。ご了承下さい。

▼GOWEST,GOHEMPの直営店では、山河の自然香もご購入いただけます
juzu “ART OF HEMP”

ヘンプを使って着心地の良さを追求したGOHEMPをはじめ、環境や人にやさしいをテーマにしたブランドのセレクトを中心にしています。 また、ひとつひとつ丁寧に作られた作家さんによるアイテムなどjuzuにしかないものも多く取りそろえています

▼住所
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-17-1 1F-B MAP

▼電話
03-6277-5573

▼WEB
http://www.gowest.jp/juzu
※営業日時はこちらからご確認ください

LINEで送る

【取扱店紹介】【東京/都立大学】A.U.S東京


自然香(ナチュラルインセンス):
WHITE SAGE, COPAL, SWEET GRASS, DRAGON`S BLOOD, PALO SANTO, FRANKINCENSE
※テスターあり

限定シリーズの自然香(ナチュラルインセンス):
TOTAL SOLAR ECLIPSE(皆既日食)/ 宇宙帰りの香料使用

Short Trip Passシリーズ:
WHITE SAGEリフレッシュスプレー
SWEET GRASSリフレッシュスプレー
PALO SANTOリフレッシュスプレー
※テスターあり


A.U.S東京
吉祥寺店、静岡店に続いて3店舗目となる都立大店は、1F&地下フロアからなるこれまでで最大規模の店舗となります。

Asterism Unity Space LLC. の本社として、アースのコンセプトに賛同してくださる様々なジャンルの「アーシスト」たちが集い、日々新しいコラボが産まれる場所であり、定期的に入れ替わって行くギャラリー展示やLiveスペース、天然石や自然素材のアパレル、ジュエリー、家具などのセレクトショップなどを展開する複合空間となっております!

店舗内の天井、壁面や家具には、天然石、木、麻炭を活用した空間調整を施しております。住環境デザインのモデルケースとして、実際に体感して頂けます。

▼住所
〒152-0031
東京都目黒区中根2-1-15 サウスサイド都立大1F & B1F MAP

▼電話
03-6421-3731

▼WEB
http://asterism.jp
※営業日時はこちらからご確認ください


LINEで送る

【リリース情報】【限定】TOTAL SOLAR ECLIPSE(皆既日食)/ 宇宙帰りの香料使用

TOTAL SOLAR ECLIPSE(皆既日食)/ 宇宙帰りの香料使用

地球から望む太陽と月が同じ大きさとなって重なる皆既日食に準えて、太陽のイメージワードを持つ沈香と月のイメージワードを持つフランキンセンスを主に調香しました。あわせて、宇宙帰りの香料を使用したコンセプチュアルなお香です。


▼LIMITED SERIES / 限定シリーズ
「感じる力」をテーマに香りをアートします。感覚を頼りに楽しんでください。一握りの誰かにとっての”特別”を創造します。

宇宙帰りの香料
2009年からチャレンジを続けているSPACE-NEKOKINOKO PROJECTは、皆既日食にあわせて成層圏へ無人のガス気球を打ち上げて、青い地球の姿を撮影するプロジェクトです。2017年8月21日にアメリカ大陸で発生した皆既日食にあわせて打ち上げられた気球には、山河が使用する麻炭が同乗しました。青い地球を望む宇宙旅行から地球へ帰還した希少な香料です。

▼購入先
山河オフィシャルネットショップ
【東京/都立大学】A.U.S東京

数量限定
40本入り / 1本の燃焼時間:約25分
防カビ剤を使用していませんので高温多湿を避けてください。
増粘剤(化学糊)を使用していませんので強い衝撃を与えないでください。
エッセンシャルオイルを使用していませんので炎が灯ると香りが変わります。
宇宙帰りの麻炭使用。火の取扱いには十分注意してください。
Made in JAPAN.

SPACE-NEKOKINKO PROJECT
2009年 鹿児島県喜界島での初挑戦は失敗
NHK「熱中時間」全国放送
2009年 エクリプスガイドネット レポート寄稿
2012年 オーストラリアでの再挑戦で成功
2013年 Spectator 27号 レポート寄稿
2013年 気流舎通信 インタビュー取材


2013年 気球の旅を四時間の映像に編集して公開
「PLANET OF TUNES – After The Eclipse -」映像発表会開催
2014年 Spectator 30号 レポート寄稿
2017年 アメリカでの挑戦で成功

☆THE VOICE OF OUR EARTH 2012
上空約36kmで録音した地球の音にフォーカスしたMovie
https://www.youtube.com/watch?v=vr21z6bkfxg

☆THE VOICE OF OUR EARTH 2012(音声のみ)
https://soundcloud.com/toumeineko/the-voice-of-our-earth

追記

Spectator 30号 レポート寄稿文より一部引用&加筆
 
青い地球のイメージを知らず知らずのうちにインプットされている私たちは、いわば地球との出会いを忘れてしまった世代です。
 
一九六八年、NASAのアポロ八号計画によって人類が初めて月の周回に成功しました。その際に撮影されたカラー写真がアースライズ(地球の出)と呼ばれる月の地表から昇る地球の姿でした。この写真を通して世界中の人々は青い地球の姿を初めて目にしました。
 
宇宙の暗闇に浮かぶ、青く輝く地球の写真は人々の意識に一体どのような影響を与えたのだろうかと当時に想いを馳せることがあります。
 
近代社会が急成長を成し得ていた真っただ中に、内側から見れば無限に感じられる地球が有限であることを知らされました。宇宙に小さく輝くかけがえのない存在の上に自分達が生きている事実を知りました。このアースライズの体験から生まれた思想や運動の多くが今尚、現代に多大な影響を及ぼしていることをご存知でしょうか。
 
地球との出会いの瞬間を再び追体験したいというのが、SPACE-NEKOKINKO PROJECTの原動力です。その機会と装置を自分の手で生み出して、アースライズが当時の人々に与えたのと同様の衝撃を感じてみたかったのです。
 
Whole Earth
地球を抱けば宇宙に抱かれる。
山河ではこの感覚を香りで表現しました。

 

LINEで送る

【Workshop】【組香】【出店】色探~irosaga~ vol.5 @GALLERY心(東京)

涼やかな風が吹き始める彩りの秋に
閑静な古民家ギャラリーで
作品や作家と出会い
自分の色を知る
そして何色にもなれることを体感する

そんなイベントを開催させていただきます。

2階にゆっくりお茶のできるスペースをご用意します^^
気になった方、どなたでもお気軽に☆彡

日時:2017年10月28日(土)~29日(日)11:00~18:00
◎場所:Gallery心 http://www.galleryshin.tokyo/
■ 東京メトロ 銀座線 稲荷町駅 3番出口より徒歩5分
■JR上野駅より徒歩15分
*2階にどなたも入場可能なくつろぎスペースをご用意します(入場無料)
*飲食持ち込み自由、差し入れ歓迎!
*2階は靴を脱ぎます
◎主催:顕 arawa
https://www.facebook.com/arawarawa/

◎会場(GALLERY心)への道順☆
銀座線・稲荷町・3番出口より徒歩約8分
http://t-kdayo.cocolog-nifty.com/kirigami/2016/02/3-535c.html

◇ ワークショップ
◎10 / 28(土)—————–

★素数糸かけ曼荼羅ワークショップ by 顕 arawa
https://www.facebook.com/events/104244940163897/

★オルゴライト®ワークショップ by Kaori Art Works
*イベントページ準備中

★ホロスコープ・セッション by Kaori Art Works
*イベントページ準備中

<◎Kaori Art Works>
https://kaori-art.works/top/

<◎顕 arawa>
https://www.facebook.com/arawarawa/

◇ ワークショップ
◎10 / 29(日)—————–

★【sanga流】自然香をつくるワークショップ【満席・キャンセル待ち】
https://www.facebook.com/events/1367962949968965/

★【sanga流】源氏香~お香の違いを聞きあてる~【空席あり】
https://www.facebook.com/events/1914734495459447/

★糸かけ曼荼羅 色彩展 by 顕 arawa(1階)
https://www.facebook.com/events/1385775531475465/

<◎SANGA(お香作り&源氏香)>
http://sanga-incense.com/?page_id=47

<◎顕 arawa>
https://www.facebook.com/arawarawa/

◇展示販売(入場無料)
<◎Kaori Arf Works(オルゴライト)※28日のみ>
https://kaori-art.works/top/

<◎sanga(自然香)※29日のみ>
http://sanga-incense.com/?page_id=47

<◎Turban百武(ターバン)>
https://www.facebook.com/Turban100take/

<◎顕 arawa(守護アクセサリー&糸かけ曼荼羅)>
https://www.facebook.com/arawarawa/

◎過去開催の様子
*色探~irosaga~ vol.4
http://www.galleryshin.tokyo/2017/04/30/post-3377/

*色探~irosaga~ vol.3
http://www.galleryshin.tokyo/2017/03/16/post-2826/

*色探~irosaga~ vol.2
http://www.galleryshin.tokyo/2017/02/14/post-2725/

 

LINEで送る

【聞香】【Workshop】香りとあそぶ、感覚をひらく ~香司が伝える“香”の世界~@ホリスティックリトリート 穂高養生園(長野)


空間に「香り」が漂うとき、いまここの世界の魅力がより一層、輝き出します。

香りは、本体が何であるかを脳が認知するよりも前に、自身にとって、心地よいか、心地よくないのかを仕分けるそう。

最も直感的とされる嗅覚は個人差が大きく、また体調によっても感度が変わる繊細なもの。

この本能にきわめて近い原始的な感覚がひらかれるとき、ご自身の快適さや豊かさを素直に追求することができるのではないでしょうか。

秋、彩とりどりの葉が舞う養生園の森で、「香り」をテーマにしたワークショップを開催します。

“香(こう)”の香りを嗅ぐことを「聞く」と表現する、日本文化。

日本書紀の時代よりつづく、伝統的な“香”の世界を案内するのは、「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰の橋本“猫”勝洋さん。
天然の香料についての専門知識と研ぎ澄まされた感性を持つ、日本に数十人しかいないと言われている、伝統的な香司(こうし)のおひとり。

このワークは、冒険からはじまります。
香料を求めて、森へでかけましょう。
葉、樹脂や苔など、自然の恵みをハンティング!
そして、粉砕、調香(天然香料を調合する)、成形をすれば、あなただけの自然香(ナチュラルインセンス)のできあがり。

そして、香りを聞き、鑑賞する、香道の伝統「聞香(もんこう)」をたしなみます。

香りの真髄とも言われ、大変稀少なゆえに高価な天然香木である「伽羅(きゃら)」をはじめ、沈香や白檀の言の葉では紡ぎがたい、贅沢で最上の香りを聞きながら、雅びな空間に心を寄り添わせましょう。

五感を研ぎ澄ます、最後の扉は“嗅覚”なのかもしれません。

香りを自分の内に取り込むとき、大自然の恵みと自分の美質が交じりあう、豊かな時間が生まれます。
心を遊ばせて、ひらかれてゆく感覚に伴う、深い安らぎを体感しませんか?

穂高養生園オフィシャルWEB

日程:
2017年2017年10月20日(金)〜22日(日)

場所:
@ホリスティックリトリート 穂高養生園
〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明7258−20 MAP

参加費:
48,000円 [2泊3日](税込)

ご予約:
http://www.yojoen.com/reservation/ws_reserv.html

案内人:
橋本“猫”勝洋(「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰)


ワークショップスケジュール

1日目
■13時 集合
■14時半 ガイダンス / 森林散歩 〜香料ハンティング!〜
■17時半 夕食
■18時半 入浴
■22時 消灯

2日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る①〜採取した香料を粉砕する〜
■10時半 朝食
■12時半 自然香を作る②〜天然の香原料を使って調香する、癒しのひととき〜
■15時半 入浴
■17時半 夕食
■19時半 聞香(もんこう)〜香木の幽玄な香りを静かに鑑賞する〜
■22時 消灯

3日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る③〜仕上げ、練り上げ成形する〜
■10時半 朝食
■12時 シェアリング
■13時 解散

※スケジュールは多少変更になる場合もあります。ご了承下さい。


今回は特別なワークショップです。
自然へ分け入って香料を採取する山河のフィールドワーク「香料ハンティング」を体験するところから始まり、普段のワークショップでは使用しない香料を用いた調香を行ないます。
香料調達からオリジナルレシピの制作、お香作りまでを一環して体験出来る貴重なワークショップです。


▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。

LINEで送る

【出店】【INCENSeffect】実近修平 MBIRA ソロライヴ@シャロムヒュッテ(長野)

京都在住のMBIRA奏者 実近修平さんのライヴです☆
夏のマルシェではシャロムの森の中、木々や鳥たちの声とMBIRAの音が融け合い、美しい唯一無二の空間が生まれました。

秋も深まる夕べ、遥か昔よりアフリカ・ジンバブエに伝わる、精霊たちが届けてくれる先祖からの大地の物語に出逢う旅。
一期一会のひとときを是非 ♪

カフェではドリンクの他に、演奏の前後、お食事・スウィーツもお愉しみいただけます ♫

*日 時: 10月8日(日)18:30 〜(開場 17:00)
*参加費: 2500円(1ドリンク付)
*会 場: わかちあいカフェ シャロム(シャロムヒュッテ内)

〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明豊里7958−4 MAP

*お問合せ・お申込み: 
TEL 0263-83-6245(カフェ)070-5583-5401

♫実近修平(さねちか しゅうへい)profile:
1981年生まれ。2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者として京都を拠点に、全国でライブ。伝統曲を伝え、Simbotiの製作したMBIRAを販売。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてもライブ活動をしている。

♫ MBIRA
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。
先祖への感謝を捧げ、子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされ、精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神への想いを伝えるために演奏されてきた。
MBIRA を演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。

Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。
各曲に込められた様々な教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

♫ MBIRA は聖典のようなものだ
MBIRA の中に
この地球でおこる
すべてのことを見ることができる by Simboti

LINEで送る

【出店】CAMP Off-Tone 2017@マウントピア黒平(山梨)

9/23(土)~24(日)にかけて山梨県甲府市昇仙峡の近くにあるキャンプ場「マウントピア黒平」にて、自然豊かな森の中でアンビエントミュージックにたっぷり浸れる野外イベント「CAMP Off-Tone 2017」を開催します。

第一弾ラインアップとして、
札幌を拠点として活動するKuniyuki Takahashiによるエレクトロニカ~アンビエント~ジャズの要素などを 取り入れたプロジェクトKoss aka Kuniyuki
日本テクノ・アンビエントシーン黎明期より活動を続けるEnitokwa。 今回はEP-4 [fn.ψ]の家口成樹氏と共にEnitokwa feat. Shigeki Iegutiとして登場。
色彩豊かで独特な世界観のインストゥルメンタル/エレクトロニック・ミュージックを産み出す西村尚美によるソロ・ ユニットInner Science
インド古典音楽に留まらずボーダレスに活躍するシタール奏者Yoshida Daikitiと新鋭タブラ奏者KyuRiと のデュオYoshida Daikiti x KyuRi
そして5回目となるCAMP Off-Tone出演で新たな表現に挑むKAITO aka HIROSHI WATANABE
以上5組の出演が決定。

第二弾ラインアップとして
エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kなどよりリリースを重ねる、Tomoyoshi DateとCorey Fullerによる「Illuha」、日本在住のアメリカ人音楽家Will Longのアンビエントドローン・プロジェクトCelerがhakobuneとのDuo「Celer & hakobune」で登場、エレクトロニクスの非制御的操作に基づくサウンド・パフォーマンスを行うサウンドアーティスト「村井啓哲」、サウンドアーティスト「すずえり」がワークショップ開催など、計8組のアーティストの追加参加が決定!

第三弾ラインアップとして
エレクトロニカ〜IDMからポストロックまで、ゼロ年代の音楽シーンに確かな軌跡を残し後続のアーティストに多大な影響を与えてきたTelefon Tel AvivのCAMP Off-Tone 2017での出演が決定しました。素晴らしい自然での200人限定というプレミアムな空間の中でTelefon Tel Avivのサウンドを体感できるまたとないチャンス、お見逃しなく!

また、これまでCAMP Off-Toneに参加してきた美術家、映像作家、サウンドデザイナーたちが今回さらなる 深い表現を目指すために完全協力体制を組んで会場全体をプロデュース。 屋外ステージのアウタースペースでは「Making Sense」と題し、自然・アート・音楽が融合しながら人と時間と ともに移り変わる一夜限りの作品を作り上げます。

さらに、自然と音楽がより気持ちよくなる大浴場やボディ・チューニングルーム、フード・ドリンクエリアをご用意。 お子様連れにはうれしいキッズ向けのワークショップの開催も予定しています。

◆Off-Toneオフィシャルサイト

2017.9.23 (Sat) – 9.24 (Sun)

入場開演 14:00(9/23)
終演 10:00(9/24)

@マウントピア黒平(山梨県甲府市)
〒400-1211
山梨県 甲府市 黒平町 623-1 MAP
055-287-2201

前売り券 10,000円(200名限定)
*限定枚数に達しましたら当日券の販売はありません。

**販売サイト**
[1]オフィシャルショップ Off-Tone SHOP
・オリジナル特典 CAMP Off-Tone 2017テーマアート(檻ノ汰鷲作)のオリジナルビッグバッジ付
・クレジットカード または 銀行振込支払
・8月下旬発送予定
※Off-ToneSHOPはBASEのシステムを利用しています。
noreply@thebase.inからのメールを受け取れる設定にしておいてください。(スマホや携帯メールでのお申込みの際はご注意ください。)
Pay ID https://id.pay.jp/ に事前に登録されておくと比較的スムーズにご購入いただけます。

[2]Cluberria Buy Tickets
・オンラインによるクレジットカード支払 または ファミリーマートでのコンビニ支払
・ファミリーマートでの発券

Sold Out
【コテージ券】
15,000yen
・定員5名様用コテージ(キッチン、トイレ、寝具あり)
・お車を横付けできます。(19時までにお越しください。19時から翌朝10時までは車を動かせませんのでお気を付けください)
・14時チェックイン・12時チェックアウト

【駐車場代】
1台につき1000円(当日受付支払い)

【キッズ料金】
500円(当日受付支払い/オリジナルバッジ付)
※0才~中学生未満のお子さん向けの料金です。お風呂などの施設利用料、キッズ向けワークショップの参加費なども含まれます。

◆CAMP Off-Tone 2017 Line up

Telefon Tel Aviv
Koss aka Kuniyuki
KAITO aka HIROSHI WATANABE
Inner Science
Yoshidadaikiti & KyuRi
Illuha
Enitokwa feat. Shigeki Ieguti
Celer & Hakobune
Nogawa
fishu
Matsusaka Daisuke
DJ蟻
Sound Furniture
村井啓哲
すずえり
大城真
Yoshinori Saito
Yukaremix
Le Perrie
Fuguli
ONO
Yoshitaka Shirakura
kālikā

[ Sound ] fishu
[ Visual ] idealsolution
[ Decoration ] Taiki Kusakabe, MAJIO
[ Candle] FUJICANDLE
[ Art ] 檻之汰鷲(ORINOTAWASHI)
[ Photographer ] Jiroken, nacoh

[ Kids Space ] mamanomad
[ Books ] PARADISE BOOKS
[ Body Tuning ] Lily
[ BAR & FOOD ] まるまん, Craft Beer Diner、あんびえん、亀食堂

▼チケットに関するご注意

  • 会場の都合により200人限定のイベントです。
  • 出演アーティストのキャンセルや変更、本番中の中止、天災や不慮の事故による中止等に伴うチケットの払い戻しの予定はございません。
  • チケットをお忘れになった場合は、ご入場いただけません。再発行もいたしません。必ずチケットをお持ちください。
  • チケット代には、お風呂などの施設用料、キャンプサイト利用料も含まれます。
  • 中学生以上はチケット代が必要です。0才~中学生未満のお子さんをお連れの方はキッズ料金(500円:当日受付支払い/オリジナルバッジ付)が必要になります。
  • オールナイトのイベントです。20歳未満の方のみの来場はできません。保護者同伴で参加お願いします。

▼駐車場に関するご注意

  • お車でお越しの方は、受付にて一台1000円をお支払いください。
  • 一度駐車したお車を出し入れする場合は、再駐車の際に1000円かかりますのでご了承ください。
  • 駐車場には限りがありますので、できるだけ乗り合ってご来場ください。

▼会場に関するご注意

  • 会場は森の中の小さなキャンプ場です。屋根のあるスペースは多少ありますが、テントなどをお持ちいただいたほうがゆっくりくつろげます。
  • フード&ドリンクについては都内人気店や音楽イベントを中心に出店するケータリングが特別メニューで出店します。
  • お風呂(無料)のサービス、人気セラピストによるボディチューニングの施術サービス(当日予約:有料)

▼その他イベントの注意事項はこちらをご覧下さい

LINEで送る