カテゴリー別アーカイブ: 組香

【Workshop】【組香】【出店】色探~irosaga~ vol.4 @GALLERY心(東京)

新緑の映える春の終わりに
閑静な古民家ギャラリーで
作品や作家と出会い
自分の色を知る
そして何色にもなれることを体感する
そんなイベントを開催させていただきます。

2階にゆっくりお茶のできるスペースをご用意します^^
気になった方、どなたでもお気軽に☆彡
◎主催:顕 arawa

2017.4.29(Sat)- 30(Sun)
11:00〜18:00
入場無料
*2階にどなたも入場可能なくつろぎスペースをご用意します
*2階は靴を脱ぎます
*飲食持ち込み自由、差し入れ歓迎!

@GALLERY心
東京都台東区東上野6-18-14
銀座線・稲荷町・3番出口より徒歩約8分
JR上野駅より徒歩15分

▼ワークショップ

◎顕 arawa(糸かけ曼荼羅)
https://www.facebook.com/arawarawa/

【満員御礼】4/29(土)素数糸かけ曼荼羅ワークショップ
https://www.facebook.com/events/248072675603352/

【満員御礼】4/30(日)素数糸かけ曼荼羅ワークショップ
https://www.facebook.com/events/189952764834651/


◎sanga(お香作り)
※29日のみ
http://sanga-incense.com/?page_id=47

【sanga】自然香をつくるワークショップ
★募集中(ご予約はFBページから、またはsangaまで)
https://www.facebook.com/events/1704736676490692/

◎参加費(材料費込み)
¥3,000

以下の時間から参加希望の回を選択してください
①12:00~13:00 定員6人
②13:30~14:30 定員6人

1000年以上前からアメリカ先住民族が使用しているハーブ「ホワイトセージ」と、アンデス文明で使用されていた香木「パロサント」の二種類から香りを選べます。

※ワークショップ用レシピを使用しての調香となります
※写真にある量が作れます(コーン型のみなら20個ほど)
※完全乾燥には3日〜1週間を要します
※一ヶ月かけて香りが熟成します

WHITE SAGE
WHITE SAGE(ホワイトセージ)
ホワイトセージはネイティヴアメリカン(先住民族)が浄化のハーブとして使用します。スパイシーな香りが特徴的なハーブです。


PALO SANTO(パロサント)

パロサントはアンデス文明で祭事やシャーマン(祈祷師)が執り行う伝統医療で使用されました。甘みのある個性的な香りが特徴的な香木です。


◎sanga(源氏香)
※29日のみ
http://sanga-incense.com/?page_id=47

【sanga流】源氏香~お香の違いを聞きあてる~
★募集中(ご予約はFBページから、またはsangaまで)
https://www.facebook.com/events/939240889543795/

◎参加費
¥2,000

15:30~16:30 (定員15人{仮})



▽組香について

室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▽源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一之香、二之香……最も左が五之香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な源氏香を提案しています。


◎Kaori Arf Works(オルゴライトワークショップ)
※30日のみ
https://kaori-art.works/top/

★オルゴライト®ワークショップ~ピラミッド&ペンデュラム編~【大盤振る舞い講座】
★募集中
https://www.facebook.com/events/744315819052359/

◎Kaori Arf Works(ホロスコープ)
※30日のみ
https://kaori-art.works/top/

★ホロスコープ・セッション
★募集中
準備中


◎宇宙人と部長の脳波実験室(脳波測定)
http://uchubucho.hatenablog.com/

★脳波測定体験
★募集中
https://www.facebook.com/events/1425171764171197/


▼展示販売(入場無料)

◎sanga(自然香)
※29日のみ
http://sanga-incense.com/?page_id=47

◎Kaori Arf Works(オルゴライト)
※30日のみ
https://kaori-art.works/top/

◎Turban百武(ターバン)
https://www.facebook.com/Turban100take/

◎顕 arawa(アクセサリー)
https://www.facebook.com/arawarawa/


▼過去開催の様子

*色探~irosaga~ vol.3
http://www.galleryshin.tokyo/2017/03/16/post-2826/

*色探~irosaga~ vol.2
http://www.galleryshin.tokyo/2017/02/14/post-2725/

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】かおりあそび+クリスタルボールライブ@まるさんかくしかく堂(長野)

2016.12.10(Sat)
18:00-21:00
CHARGE:¥1500+1drink
FOOD:ほのかふぇ

@まるさんかくしかく堂
長野県上田市上丸子280

▼クリスタルボールライブ :
YUNA(星月舎)
※クッション持ち込み推奨

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」:
sanga


▼源氏香 (18:00〜)

日本の伝統的な芸道より、香の異同を聞き遊ぶ組香をナチュラルインセンスブランドの山河が執り行ないます。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定。源氏香は五度回される香の同異を聞きあてます。

クリスタルボールライブ + 香りの空間演出「INCENSeffect」(20:00〜)
YUNA(星月舎)

クリスタルボウルやネイティブドラムと共に命の躍動がそのまま溢れる「魂の唄」を唄う。インドのアシュラムでのバジャン(賛美歌)やエメラルドタブレットの世界を通じて、音が無限の源から流れてくる強烈な喜びを体験。全ての存在の内にある揺るぎない光を知る旅が続いている。現在は音と声、詩やデザインを通し「源の光」に触れるワークやライブ活動を展開している。
http://hoshizukisha.com

▽クリスタルボールとは
クリスタル(水晶とその他の貴石)で作られた器のことで、スティックで叩いたり擦ったりして音を出す楽器です。クリスタルボウルは魂を癒す優しい薬のようなもの。その音色は、クリスタルと石に宿っている叡智そのものをダイレクトに伝え、肉体・感情・スピリチュアルな面に大きな影響を与えます。無意味感や孤独感等、心や身体の滞りの解放をサポートしてくれ、分離から統合、ワンネスへ…本来の調和に満ちた状態へと導いてくれる素晴らしいツールです。また、クリスタルボウルの演奏中にマントラ(真言)を詠唱します。マントラは、あなたという存在の源との繋がりを深め、光の存在であることを思い出させてくれます。


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一之香、二之香……最も左が五之香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な源氏香を提案しています。


香りの空間演出「INCENSeffect」
香りは「嗅ぐ」のではなく「聞く」と表現されることがあります。香りの空間演出「INCENSeffect」は、日本文化の奥ゆかしさが現れた「聞く」の感性を刺激する試みです。

独自に発明した香炉による香りの焚き分けやライブミックスを通して、香りと同様に「聞く」と表現される音楽との親和性を追求します。

山河は、空間というパズルに香りのピースを組み込みます。



Organized by sanga

LINEで送る

【組香】【Workshop】@ホリスティックリトリート 穂高養生園


2016.10.8 (Sat)

▼組香(源氏香)@里の家ホール(養生園内)
19:00〜
ゲスト向け

2016.10.9 (Sun)

▼お香作りのワークショップ@木と人カフェ(養生園内)
※養生園で収穫したハーブも使用します

14:00〜16:00
ゲスト向け

19:30〜21:30
※スタッフ向け

@ホリスティックリトリート 穂高養生園
〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明7258−20 MAP

▼お問い合わせ(穂高養生園)
0263-83-5260

▼お香作りワークショップ
1000年以上前からアメリカ先住民族が使用しているハーブ「ホワイトセージ」と、アンデス文明で使用されていた香木「パロサント」の二種類から香りを選べます。さらに今回は、養生園で収穫したハーブも調香することの出来る特別なワークショップです。

※ワークショップ用レシピを使用しての調香となります
※写真にある量が作れます(コーン型のみなら20個ほど)
※完全乾燥には3日〜1週間を要します
※一ヶ月かけて香りが熟成します


WHITE SAGE(ホワイトセージ)
ホワイトセージはネイティヴアメリカン(先住民族)が浄化のハーブとして使用します。スパイシーな香りが特徴的なハーブです。


PALO SANTO(パロサント)
パロサントはアンデス文明で祭事やシャーマン(祈祷師)が執り行う伝統医療で使用されました。ワシントン条約の保護下に置かれたことで希少性は増す一方。時代にあった香りは多くの人々を魅了します。


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一之香、二之香……最も左が五之香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。

LINEで送る

【組香】かおりあそび

2016.6.12(SUN)
第一部 16:00〜
第二部 20:00〜
CHARGE:自由料金+1drink

@対抗文化専門古書 気流舎
東京都世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F

▼明るみの氏香
第一部(16:00〜)

暗闇の源氏香
第二部(20:00〜)


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】みやびあそび

山河が本陣を構える長野県某所にて、ご愛顧頂いていますお客様並びに関係者様をお招きしてお花見を開催します。長野は今まさに桜が満開へ向かって咲き始めています。ヤマザクラをはじめとして様々な種類の桜が咲き乱れる山の中。雪解けの冷たい水が落ちる大きな滝と清らかな川が流れるプライベートな空間にてお待ちしております。

香りの空間演出「INCENSeffect」に加えて、香の異同を聞き遊ぶ組香も桜の下で開催します。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定します。源氏香では五度回される香の同異を聞きあてます。

参加を希望される方はご連絡を頂ければ詳細をお知らせいたします。準備の関係で送迎が出来ずご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2016.4.18(Mon)
START 11:00〜

@東信某所(長野県)

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」
SANGA


 

▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】かおりあそび+ムビラライブ@まるさんかくしかく堂(上田)

2016.3.30(WED)
19:00-21:00
CHARGE:FREE+1drink+投げ銭

@まるさんかくしかく堂
長野県上田市上丸子280

▼MBIRA Live:
実近修平

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」:
SANGA

▽第一部(19:00〜)
日本の伝統的な芸道より、香の異同を聞き遊ぶ組香をナチュラルインセンスブランドのSANGAが執り行ないます。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定します。源氏香では五度回される香の同異を聞きあてます。

第二部(20:00〜)
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に1000年間伝わる楽器Mbira(ムビラ)の演奏会です。演奏者はジンバブエより帰国して間もない実近修平を招聘。ムビラの演奏とSANGAのナチュラルインセンスと香炉による香りの空間演出「INCENSeffect」でお届けします。

実近修平
1981年10月16日生。山口県周南市出身。京都在。 Africa Zimbabwe のショナ族に1000年間伝わる楽器MBIRAのソロ奏者。 ショナ族のMbira player & Mbira maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。 2014年5月現在までに5度、Zimbabweに渡る。 西嶋俊介、石村行、永田翔平らとMbira ユニットの「チョコリンガーズ」の一員として演奏する。2009年に全国ツアー。 2012年に解散。 「ニューアース」 2013年に結成した、石村行と実近修平のムビラユニット。 ふたりともRinos Mukurirwa Simboti に師事。 日本では京都、東京、静岡、大阪を中心に演奏活動とムビラのワークショップをしている。年間平均180ライブ。 主な演奏歴 美術館:名古屋市美術館 池水慶一による個展「毛深き人たち」での演奏、在郷美術館 寺社:水屋神社、梨乃木神社、妙音弁財天社、西方寺、善生寺、慶安寺、法然院、安楽寺、龍津寺、仏光寺他 教育機関:北九州市立大学、清水小島小学校 祭典:Fujido Fantastic Music Festival 不二洞幻想音楽祭、Mbira Summit East vol.7、Mbira music festival 2010 , 2011 画廊:堺町画廊、錦鱗館、ナリワイギャラリー他 cafe : カイラスレストラン、なやカフェ、MANIAC STAR、cafe CAPU、気流舎、ハライソ、クジラウオ、Aman他多数 共演者:Garikai tirikoti、Pasichigare Mbiras、近藤ヒロミ、UGmatsuhira、秋野亥左牟、David Kuckhermann、東山動物園のゴリラたち、Chocoringers、鎌仲ひとみ他

Facebook
https://www.facebook.com/shuhei.sanechika

ブログ
http://www.voiceblog.jp/mhukatiende/

▼Mbira(ムビラ) について (実近修平の独自の解釈)
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年間伝わる楽器Mbira。 精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神へと想いを伝えるために演奏されてきた。 ムビラを演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。 ムビラの音は、雨音を連想させ、聴く者と弾く者の両者のマインドを静まらせる。 顕在意識から無意識への旅の途中に現れる、「まどろむ雲」を突破することに成功した者が、内面へと旅を続けることができる。 ショナ族は、ムビラの成立から絶えることなく音世界を展開し続けている。 弾く資格のある者は、その音世界から音を導く。 「ムビラのなかにすべてを観ることができる。」( by Simboti )


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。

五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。


香りの空間演出「INCENSeffect」
香りは「嗅ぐ」のではなく「聞く」と表現されることがあります。香りの空間演出「INCENSeffect」は、日本文化の奥ゆかしさが現れた「聞く」の感性を刺激する試みです。

独自に発明した香炉による香りの焚き分けやライブミックスを通して、香りと同様に「聞く」と表現される音楽との親和性を追求します。

山河は、空間というパズルに香りのピースを組み込みます。



 

Organized by sanga

LINEで送る