月別アーカイブ: 2015年5月

【INCENSeffect+出店】FRUE ~Night on the Planet~

FRUEオフィシャルWebサイトより転載:

マドリード、ベルリン、トーキョー。地球というまるい惑星に暮らす3人のアーティストが、眠れない夜へ時空を超えて繋がる。淡いメッセージが交わされ、みずみずしい才能と鋭い感性が響きあう、音楽と映像と絵画の美しきコラボレーション。硬く鋭く研ぎ澄まされた、ヒプノティックなビートと揺らめく音響/ノイズが混じりあう、モダンでインテリジェンスなテクノを牽引するSemantica RecordのボスSvrecaのDJingにあわせ、前衛映像作家Pedro Maiaが、気鋭の画家Yuriko Shimamuraのいくつもの絵画を取り込み、散りばめ、自ら8ミリフィルムで撮影したとろけるような映像と掛け混ぜ合わせながら、リアルタイムで展開する”Live Cinema”を上映。
また、Svaag/TM404/Monika等、様々な名義を使い分けるスウェーデン人プロデューサーがAndreas Tilliander本人名義で出演。
また、ナチュラルインセンスブランド・SANGAによる香りの空間演出にくわえ、CLOCK FACE MODULARが、モジュラーシンセサイザーをデモ展示します。

Madrid, Berlin, Tokyo.
Although these 3 artists all live on this planet we call earth, they connect on sleepless nights through time and space.
The mix of fleeting messages, fluid talent and acute senses vibrate together in this stunning collaboration of music, film and images.
Svreca×Pedro+Yuriko.
Hard, acute finely honed hypnotic beats are blended with wavering noise and sounds bringing to the surface modern and intelligent techno. Semantica Record’s boss Svreca matches sounds with the work of vanguard filmmaker Pedro Maia incorporating many images from upcoming artist Yuriko Shimamura. This “Live Cinema” experience is projected in real time, interlacing, setting free and at the same time mixing together enchanted like 8 mm film imagery.

FRUE ~Night on the Planet~

2015.6.1 Mon
Open:18:00
Finish:22:30

【UNIT】
::LIVE::
Svreca (SEMANTICA / Madrid)
Andreas Tilliander aka Svaag/TM404/Monika (Sweden)

::Live Cinema::
Pedro Maia (Portgal / Berlin)

::images::
Yuriko Shimamura (Tokyo)

::INCENSeffect::
SANGA

::Shop::
iftah ya simsim

::TICKETS::
ADV:3,000 yen
Tixee(スマートフォン用eチケット)
With Flyer:3,500 yen
DOOR:4,000 yen
※TAICOCLUBのリストバンドをお持ちの方は2000円でご入場いただけます。

————————–

2015.6.1 Mon @SALOON
OPEN 22:30

Svreca
Wata Igarashi

::TICKETS::
¥2000(+1drink)※UNIT来場の方は無料。

※SALOONのアフターパーティーは入場の際に写真付身分証が必要です。UNITから引き続き参加される方も移動時に身分証の提示をお願いします。ご協力お願い致します。

special thanks to TAICOCLUB
presented by anitodai


Svreca -スヴレカ (SEMANTICA / Spain)
1982年マドリッド(スペイン)生まれ。アヴァンギャルドな音響、エレクトロニカ、ノイズ、ミニマルダブ、ディープ・テクノを展開し、その時代感覚の鋭さは、ベーシック・チャンネル以降のミニマルダブやインダストリアル・ダブなどを先どりし、世界中の尖端音楽を愛するフリークスから高く評価されている。
Sandwell Districtに通ずる爆撃のような硬質のインダストリアル・ビート、幾重にも織り重ねられた細やかでとろけるようなダブ的音響処理がほどこされた上音、そしてうねり舞いあがる魔術的グルーヴをあわせもち、不穏な未来を啓示するかのようなアポカリプティック(終末、黙示録)な音を鳴らしている。
未曾有の大震災から丸1年の2012年3月、初来日を果たし、DOMMUNE、nu things、UNITでのプレイは独創性と想像力にあふれており新たな時代の到来を予感させるには十分であった。その後、MNMLSSGSにアップされたロングMIXを皮切りに、いくつものMIX音源がアップされ、アップされるたびに世界中から新鮮な驚きと賛辞を持って迎えられている。また、2013年2月と2014年1月のUNITでの来日時には息を飲むのも忘れるほど壮大で強烈なロングセットを披露し真価を発揮、その評価を揺るぎのないものとする。

Svreca is Spanish techno’s most recent celebrated son. As a DJ, producer and label boss he constantly updates his vision for the genre, and it is one where no compromises are made and the focus is firmly on getting into your mind rather than your body. Both his own techno and the stuff he releases on his own Semantica label from the likes of Surgeon, Silent Servant and Abdulla Rashim is truly textured and experimental, abstract but inviting stuff that makes for a cerebral listening experiences. His DJ sets, too, are brave and forward looking things that pay little heed to current trends, and instead remain resolutely inventive from start to finish.


Andreas Tilliander  – アンドレアス ティリアンダー
数々の名義を使い分けながら一貫して独自のサウンドを構築するスウェーデンのエレクトロニカ/ドローン/テクノ・プロデューサー。00年代初頭にRaster-Notonから発表した「Cliphop」と、Mille Plateauxからの「Ljud」で、Vladislav DelayやKid 606と並んでクリックサウンドの発展に寄与し、以降、Mokira、Komp、Rechord、Lowfourなど、数々の名義を使い分けながら、ヨーロッパの重要レーベルから作品を発表してきた。「World Industries」におけるポップ性、「Hateless」におけるノイズなど、多彩な音楽性を誇るアンドレアス・ティリアンダーは、2005年にはスウェーデンのグラミー賞を受賞している。2007年にセルフレーベルRepeatleを立ち上げ3枚のEPを発表。同名のスタジオをストックホルムに構え、自身の楽曲制作と並行して、マスタリングエンジニアとしても活動を行っている。本名名義での来日は2年ぶりとなる今回のプレイに期待が高まる。


Pedro Maia – ペドロ・マイア (official site)
前衛映像作家。1983年ヴィラ・ド・コンデ(ポルトガル)生まれベルリン在住。
淡い、とろけるような美しいサウンドスケープを綴る実験的なミュージシャンと息のあったコラボレーションを多数展開している。
アニマル・コレクティブの中心メンバーであるPanda Bear、ソニック・ユースのギタリストLee Ranaldo、坂本龍一やジム・オルークとのコラボレーションで知られているFennesz、デトロイトの人気前衛レーベルGhostly InternationalからリリースしたJACASZEK、Demdike Stare, Andy Stott, Sandro Perri, Pole, Shackleton, Tropic of Cancer, Porto Remix Exemble等々。
また、短編映画の監督でもあり世界各国の映画祭やギャラリーに出展している。
世界最古の短編映画祭「オーバーハウゼン国際短編映画祭」、ヴィジュアルアートの最先端の映像展「ランコントル・アンテルナショナル・パリ・ベルリン・マドリッド」、アルメニア現代美術館、バルセロナ現代美術館、Curtas Vila do Conde(ポルトガル)、SPLIT FILM FESTIVAL(クロアチア)等々。

Born in Vila do Conde (Portugal) in 1983. Based in Berlin.
Portuguese filmmaker which works has been presented in several film festivals and galleries like Internationale Kurzfilmtage Oberhausen, Split Film Festival, Rencontres Internationales, Armenian Center for Contemporary Experimental Art, MACBA Barcelona, Media 10/10 Festival, Museum of Contemporary Art Tokyo, Centro de Arte Moderna José de Azeredo Perdigão, Indie Lisboa and many others.
Since 2004 has been developing live cinema concept, manipulating images in real time and interacting with sound. Collaborated with several musicians such as Panda Bear, Lee Ranaldo, Fennesz, Jacaszek, Craig Leon, Demdike Stare, Andy Stott, Sandro Perri, Pole, Shackleton, Tropic of Cancer, Heatsick, Vessel, Porto Remix Exemble, etc. And performed in venues like Serralves Contemporary Art Museum, Sónar Festival, Unsound Festival Krakow/NY, All Tomorrow’s Party, Mutek, Contemporary Cultural Center of Valencia, Berghain, among others venues, film and music festivals.


嶋村有里子 – Yuriko Shimamura
生き物の様にうねる線、画面上で生々しく混ざりあうかたち。
絵の具は叩き付けられ、削られ、激しく飛び散り時に逸脱しそうになるが、油絵の伝統的な技法を学び続ける画家の確かなデッサン力に裏打ちされて崩壊寸前で留まり、鮮烈な印象を残す。
力強さと危うさの両方を併せ持つその表現は観る者の心を強く揺さぶる。
画家。
2009年文化庁新進芸術家派遣研修員としてスペイン・バルセロナに渡西。
帰国後は都内ギャラリーやアートイベント等で作品を発表する傍ら、音楽家や映像作家、ダンサーとのコラボレーションなど、幅広い活動を展開している。

Like the meandering pathway of an animal, vivid images take shape as they are mixed on screen.
Although the colours seem beaten down, cut up, and at times violently flying out with a kind of deviance, these images on the brink of collapse are yielded from a continuation of the traditional techniques of oil painting and backed up with the power of great design leaving us with a striking impression.
With both dynamism and apprehension combined – all who see this presentation will be shaken in both heart and mind.
Image maker.
In 2009, Yuirko moved to Barcelona, Spain as a recipient of the Ministry of Culture’s upcoming artists trainee programme.
After coming back to Japan, her works have been displayed at city galleries and artist events, etc… Collaborating with musicians, filmmakers dancers and more, she has been active in a wide range of events.

http://yurikoshimamura.com


SANGA
「INCENSeffect」をアートテーマに掲げ、香りの選定からミックス。独自に開発した香炉による香りの視覚化。インセンスの造形にも実験的なアプローチを加え、香りを操り嗅覚を刺激するAJ(Aroma Jockey)を提唱し活動するナチュラルインセンスブランド。空間というパズルに、SANGAは香りのピースを組み込みます。
http://sanga-incense.com/

LINEで送る

【INCENSeffect】四十ハ手


2015.5.23(sat)

OPEN21:00/ENTRANCE¥2000-1D

@bar bonobo
渋谷区神宮前2-23-4
2-23-4 Jingumae Shibuya-ku Tokyo

LIVE
CUTSIGH and QUIETSTORM feat 88LOOP GROOVE INSTALLATION

DJ
Ree.K
37A
mew

SUPPORT DJ
DJ 凸 a.k.a 凹

VJ
JULIETTA

2F和室
Ree.k Healing(レイキヒーリング)
AmazonHospital
INCENSeffect SANGA
kaoliquid
HEAVEN HUG(bonobo)
Danceくん(POSIVISION/楽園商会)

LINEで送る