月別アーカイブ: 2017年8月

【聞香】【Workshop】香りとあそぶ、感覚をひらく ~香司が伝える“香”の世界~@ホリスティックリトリート 穂高養生園(長野)


空間に「香り」が漂うとき、いまここの世界の魅力がより一層、輝き出します。

香りは、本体が何であるかを脳が認知するよりも前に、自身にとって、心地よいか、心地よくないのかを仕分けるそう。

最も直感的とされる嗅覚は個人差が大きく、また体調によっても感度が変わる繊細なもの。

この本能にきわめて近い原始的な感覚がひらかれるとき、ご自身の快適さや豊かさを素直に追求することができるのではないでしょうか。

秋、彩とりどりの葉が舞う養生園の森で、「香り」をテーマにしたワークショップを開催します。

“香(こう)”の香りを嗅ぐことを「聞く」と表現する、日本文化。

日本書紀の時代よりつづく、伝統的な“香”の世界を案内するのは、「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰の橋本“猫”勝洋さん。
天然の香料についての専門知識と研ぎ澄まされた感性を持つ、日本に数十人しかいないと言われている、伝統的な香司(こうし)のおひとり。

このワークは、冒険からはじまります。
香料を求めて、森へでかけましょう。
葉、樹脂や苔など、自然の恵みをハンティング!
そして、粉砕、調香(天然香料を調合する)、成形をすれば、あなただけの自然香(ナチュラルインセンス)のできあがり。

そして、香りを聞き、鑑賞する、香道の伝統「聞香(もんこう)」をたしなみます。

香りの真髄とも言われ、大変稀少なゆえに高価な天然香木である「伽羅(きゃら)」をはじめ、沈香や白檀の言の葉では紡ぎがたい、贅沢で最上の香りを聞きながら、雅びな空間に心を寄り添わせましょう。

五感を研ぎ澄ます、最後の扉は“嗅覚”なのかもしれません。

香りを自分の内に取り込むとき、大自然の恵みと自分の美質が交じりあう、豊かな時間が生まれます。
心を遊ばせて、ひらかれてゆく感覚に伴う、深い安らぎを体感しませんか?

穂高養生園オフィシャルWEB

日程:
2017年2017年10月20日(金)〜22日(日)

場所:
@ホリスティックリトリート 穂高養生園
〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明7258−20 MAP

参加費:
48,000円 [2泊3日](税込)

ご予約:
http://www.yojoen.com/reservation/ws_reserv.html

案内人:
橋本“猫”勝洋(「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰)


ワークショップスケジュール

1日目
■13時 集合
■14時半 ガイダンス / 森林散歩 〜香料ハンティング!〜
■17時半 夕食
■18時半 入浴
■22時 消灯

2日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る①〜採取した香料を粉砕する〜
■10時半 朝食
■12時半 自然香を作る②〜天然の香原料を使って調香する、癒しのひととき〜
■15時半 入浴
■17時半 夕食
■19時半 聞香(もんこう)〜香木の幽玄な香りを静かに鑑賞する〜
■22時 消灯

3日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る③〜仕上げ、練り上げ成形する〜
■10時半 朝食
■12時 シェアリング
■13時 解散

※スケジュールは多少変更になる場合もあります。ご了承下さい。


今回は特別なワークショップです。
自然へ分け入って香料を採取する山河のフィールドワーク「香料ハンティング」を体験するところから始まり、普段のワークショップでは使用しない香料を用いた調香を行ないます。
香料調達からオリジナルレシピの制作、お香作りまでを一環して体験出来る貴重なワークショップです。


▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。

LINEで送る

【出店】【INCENSeffect】実近修平 MBIRA ソロライヴ@シャロムヒュッテ(長野)

京都在住のMBIRA奏者 実近修平さんのライヴです☆
夏のマルシェではシャロムの森の中、木々や鳥たちの声とMBIRAの音が融け合い、美しい唯一無二の空間が生まれました。

秋も深まる夕べ、遥か昔よりアフリカ・ジンバブエに伝わる、精霊たちが届けてくれる先祖からの大地の物語に出逢う旅。
一期一会のひとときを是非 ♪

カフェではドリンクの他に、演奏の前後、お食事・スウィーツもお愉しみいただけます ♫

*日 時: 10月8日(日)18:30 〜(開場 17:00)
*参加費: 2500円(1ドリンク付)
*会 場: わかちあいカフェ シャロム(シャロムヒュッテ内)

〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明豊里7958−4 MAP

*お問合せ・お申込み: 
TEL 0263-83-6245(カフェ)070-5583-5401

♫実近修平(さねちか しゅうへい)profile:
1981年生まれ。2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者として京都を拠点に、全国でライブ。伝統曲を伝え、Simbotiの製作したMBIRAを販売。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてもライブ活動をしている。

♫ MBIRA
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。
先祖への感謝を捧げ、子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされ、精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神への想いを伝えるために演奏されてきた。
MBIRA を演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。

Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。
各曲に込められた様々な教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

♫ MBIRA は聖典のようなものだ
MBIRA の中に
この地球でおこる
すべてのことを見ることができる by Simboti

LINEで送る

【出店】CAMP Off-Tone 2017@マウントピア黒平(山梨)

9/23(土)~24(日)にかけて山梨県甲府市昇仙峡の近くにあるキャンプ場「マウントピア黒平」にて、自然豊かな森の中でアンビエントミュージックにたっぷり浸れる野外イベント「CAMP Off-Tone 2017」を開催します。

第一弾ラインアップとして、
札幌を拠点として活動するKuniyuki Takahashiによるエレクトロニカ~アンビエント~ジャズの要素などを 取り入れたプロジェクトKoss aka Kuniyuki
日本テクノ・アンビエントシーン黎明期より活動を続けるEnitokwa。 今回はEP-4 [fn.ψ]の家口成樹氏と共にEnitokwa feat. Shigeki Iegutiとして登場。
色彩豊かで独特な世界観のインストゥルメンタル/エレクトロニック・ミュージックを産み出す西村尚美によるソロ・ ユニットInner Science
インド古典音楽に留まらずボーダレスに活躍するシタール奏者Yoshida Daikitiと新鋭タブラ奏者KyuRiと のデュオYoshida Daikiti x KyuRi
そして5回目となるCAMP Off-Tone出演で新たな表現に挑むKAITO aka HIROSHI WATANABE
以上5組の出演が決定。

第二弾ラインアップとして
エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kなどよりリリースを重ねる、Tomoyoshi DateとCorey Fullerによる「Illuha」、日本在住のアメリカ人音楽家Will Longのアンビエントドローン・プロジェクトCelerがhakobuneとのDuo「Celer & hakobune」で登場、エレクトロニクスの非制御的操作に基づくサウンド・パフォーマンスを行うサウンドアーティスト「村井啓哲」、サウンドアーティスト「すずえり」がワークショップ開催など、計8組のアーティストの追加参加が決定!

第三弾ラインアップとして
エレクトロニカ〜IDMからポストロックまで、ゼロ年代の音楽シーンに確かな軌跡を残し後続のアーティストに多大な影響を与えてきたTelefon Tel AvivのCAMP Off-Tone 2017での出演が決定しました。素晴らしい自然での200人限定というプレミアムな空間の中でTelefon Tel Avivのサウンドを体感できるまたとないチャンス、お見逃しなく!

また、これまでCAMP Off-Toneに参加してきた美術家、映像作家、サウンドデザイナーたちが今回さらなる 深い表現を目指すために完全協力体制を組んで会場全体をプロデュース。 屋外ステージのアウタースペースでは「Making Sense」と題し、自然・アート・音楽が融合しながら人と時間と ともに移り変わる一夜限りの作品を作り上げます。

さらに、自然と音楽がより気持ちよくなる大浴場やボディ・チューニングルーム、フード・ドリンクエリアをご用意。 お子様連れにはうれしいキッズ向けのワークショップの開催も予定しています。

◆Off-Toneオフィシャルサイト

2017.9.23 (Sat) – 9.24 (Sun)

入場開演 14:00(9/23)
終演 10:00(9/24)

@マウントピア黒平(山梨県甲府市)
〒400-1211
山梨県 甲府市 黒平町 623-1 MAP
055-287-2201

前売り券 10,000円(200名限定)
*限定枚数に達しましたら当日券の販売はありません。

**販売サイト**
[1]オフィシャルショップ Off-Tone SHOP
・オリジナル特典 CAMP Off-Tone 2017テーマアート(檻ノ汰鷲作)のオリジナルビッグバッジ付
・クレジットカード または 銀行振込支払
・8月下旬発送予定
※Off-ToneSHOPはBASEのシステムを利用しています。
noreply@thebase.inからのメールを受け取れる設定にしておいてください。(スマホや携帯メールでのお申込みの際はご注意ください。)
Pay ID https://id.pay.jp/ に事前に登録されておくと比較的スムーズにご購入いただけます。

[2]Cluberria Buy Tickets
・オンラインによるクレジットカード支払 または ファミリーマートでのコンビニ支払
・ファミリーマートでの発券

Sold Out
【コテージ券】
15,000yen
・定員5名様用コテージ(キッチン、トイレ、寝具あり)
・お車を横付けできます。(19時までにお越しください。19時から翌朝10時までは車を動かせませんのでお気を付けください)
・14時チェックイン・12時チェックアウト

【駐車場代】
1台につき1000円(当日受付支払い)

【キッズ料金】
500円(当日受付支払い/オリジナルバッジ付)
※0才~中学生未満のお子さん向けの料金です。お風呂などの施設利用料、キッズ向けワークショップの参加費なども含まれます。

◆CAMP Off-Tone 2017 Line up

Telefon Tel Aviv
Koss aka Kuniyuki
KAITO aka HIROSHI WATANABE
Inner Science
Yoshidadaikiti & KyuRi
Illuha
Enitokwa feat. Shigeki Ieguti
Celer & Hakobune
Nogawa
fishu
Matsusaka Daisuke
DJ蟻
Sound Furniture
村井啓哲
すずえり
大城真
Yoshinori Saito
Yukaremix
Le Perrie
Fuguli
ONO
Yoshitaka Shirakura
kālikā

[ Sound ] fishu
[ Visual ] idealsolution
[ Decoration ] Taiki Kusakabe, MAJIO
[ Candle] FUJICANDLE
[ Art ] 檻之汰鷲(ORINOTAWASHI)
[ Photographer ] Jiroken, nacoh

[ Kids Space ] mamanomad
[ Books ] PARADISE BOOKS
[ Body Tuning ] Lily
[ BAR & FOOD ] まるまん, Craft Beer Diner、あんびえん、亀食堂

▼チケットに関するご注意

  • 会場の都合により200人限定のイベントです。
  • 出演アーティストのキャンセルや変更、本番中の中止、天災や不慮の事故による中止等に伴うチケットの払い戻しの予定はございません。
  • チケットをお忘れになった場合は、ご入場いただけません。再発行もいたしません。必ずチケットをお持ちください。
  • チケット代には、お風呂などの施設用料、キャンプサイト利用料も含まれます。
  • 中学生以上はチケット代が必要です。0才~中学生未満のお子さんをお連れの方はキッズ料金(500円:当日受付支払い/オリジナルバッジ付)が必要になります。
  • オールナイトのイベントです。20歳未満の方のみの来場はできません。保護者同伴で参加お願いします。

▼駐車場に関するご注意

  • お車でお越しの方は、受付にて一台1000円をお支払いください。
  • 一度駐車したお車を出し入れする場合は、再駐車の際に1000円かかりますのでご了承ください。
  • 駐車場には限りがありますので、できるだけ乗り合ってご来場ください。

▼会場に関するご注意

  • 会場は森の中の小さなキャンプ場です。屋根のあるスペースは多少ありますが、テントなどをお持ちいただいたほうがゆっくりくつろげます。
  • フード&ドリンクについては都内人気店や音楽イベントを中心に出店するケータリングが特別メニューで出店します。
  • お風呂(無料)のサービス、人気セラピストによるボディチューニングの施術サービス(当日予約:有料)

▼その他イベントの注意事項はこちらをご覧下さい

LINEで送る

【取扱店紹介】【京都/吉田牛ノ宮町】菜食庵パドマ


自然香(ナチュラルインセンス):
WHITE SAGE, COPAL, SWEET GRASS, DRAGON`S BLOOD, PALO SANTO, FRANKINCENSE
※テスターあり

Short Trip Passシリーズ:
WHITE SAGEリフレッシュスプレー
SWEET GRASSリフレッシュスプレー
PALO SANTOリフレッシュスプレー
※テスターあり


菜食庵パドマ
〜日々の食を通じて、心と身体が平和になっていくごはんとのみもの〜
乾物、玄米、雑穀と京都ならではの自然農、無農薬の元気な地野菜をふんだんに使用した精進ごはん

▼住所
〒606-8302
京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町25-12 MAP

▼電話
075-708-7707

▼WEB
http://padmazenfood.com
※営業日時はこちらからご確認ください

LINEで送る