献香・供香



※写真は長野県諏訪市に鎮座される手長神社で開催された献香祭より

世界各地に受け継がれる香文化を実際に尋ね学ぶことで知り得たのは、空へ立ち昇る香煙から人類が感じてきたイメージが共通して「祈り」であったという事実です。

山河は、香りと共にある祈りを「献香祭」として復興させました。この祈りの形を未来へ継承して行きます。(神社では献香、お寺では供香と表現しています)