タグ別アーカイブ: 聞香

【聞香】【出店】聞香と写経の会@自成寺(長野)



2017.11.3 (Fri)

13:30〜 聞香
14:00〜 写経
※聞香・写経ともに檀家向けの会となります

@金剛山自成寺
〒384-0501
長野県南佐久郡佐久穂町余地1060 MAP
0267-86-3004

▼香りを聞く香木
沈香

▼沈香について
沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

 

LINEで送る

【聞香】【Workshop】香りとあそぶ、感覚をひらく ~香司が伝える“香”の世界~@ホリスティックリトリート 穂高養生園(長野)


空間に「香り」が漂うとき、いまここの世界の魅力がより一層、輝き出します。

香りは、本体が何であるかを脳が認知するよりも前に、自身にとって、心地よいか、心地よくないのかを仕分けるそう。

最も直感的とされる嗅覚は個人差が大きく、また体調によっても感度が変わる繊細なもの。

この本能にきわめて近い原始的な感覚がひらかれるとき、ご自身の快適さや豊かさを素直に追求することができるのではないでしょうか。

秋、彩とりどりの葉が舞う養生園の森で、「香り」をテーマにしたワークショップを開催します。

“香(こう)”の香りを嗅ぐことを「聞く」と表現する、日本文化。

日本書紀の時代よりつづく、伝統的な“香”の世界を案内するのは、「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰の橋本“猫”勝洋さん。
天然の香料についての専門知識と研ぎ澄まされた感性を持つ、日本に数十人しかいないと言われている、伝統的な香司(こうし)のおひとり。

このワークは、冒険からはじまります。
香料を求めて、森へでかけましょう。
葉、樹脂や苔など、自然の恵みをハンティング!
そして、粉砕、調香(天然香料を調合する)、成形をすれば、あなただけの自然香(ナチュラルインセンス)のできあがり。

そして、香りを聞き、鑑賞する、香道の伝統「聞香(もんこう)」をたしなみます。

香りの真髄とも言われ、大変稀少なゆえに高価な天然香木である「伽羅(きゃら)」をはじめ、沈香や白檀の言の葉では紡ぎがたい、贅沢で最上の香りを聞きながら、雅びな空間に心を寄り添わせましょう。

五感を研ぎ澄ます、最後の扉は“嗅覚”なのかもしれません。

香りを自分の内に取り込むとき、大自然の恵みと自分の美質が交じりあう、豊かな時間が生まれます。
心を遊ばせて、ひらかれてゆく感覚に伴う、深い安らぎを体感しませんか?

穂高養生園オフィシャルWEB

日程:
2017年2017年10月20日(金)〜22日(日)

場所:
@ホリスティックリトリート 穂高養生園
〒399-8301
長野県安曇野市穂高有明7258−20 MAP

参加費:
48,000円 [2泊3日](税込)

ご予約:
http://www.yojoen.com/reservation/ws_reserv.html

案内人:
橋本“猫”勝洋(「日本伝統香文化 山河(sanga)」主宰)


ワークショップスケジュール

1日目
■13時 集合
■14時半 ガイダンス / 森林散歩 〜香料ハンティング!〜
■17時半 夕食
■18時半 入浴
■22時 消灯

2日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る①〜採取した香料を粉砕する〜
■10時半 朝食
■12時半 自然香を作る②〜天然の香原料を使って調香する、癒しのひととき〜
■15時半 入浴
■17時半 夕食
■19時半 聞香(もんこう)〜香木の幽玄な香りを静かに鑑賞する〜
■22時 消灯

3日目
■8時 ティータイム
■8時半 自然香を作る③〜仕上げ、練り上げ成形する〜
■10時半 朝食
■12時 シェアリング
■13時 解散

※スケジュールは多少変更になる場合もあります。ご了承下さい。


今回は特別なワークショップです。
自然へ分け入って香料を採取する山河のフィールドワーク「香料ハンティング」を体験するところから始まり、普段のワークショップでは使用しない香料を用いた調香を行ないます。
香料調達からオリジナルレシピの制作、お香作りまでを一環して体験出来る貴重なワークショップです。


▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。

LINEで送る

【供香】【聞香】【出店】Feels 私と出会う日@安楽寺(京都)

心meeting / 身体meeting / 食meeting / 音meeting
心・身体・食・音のスペシャリスト達が安楽寺さんに来てくれます!そして皆さまには、自身に出会う日にして頂きたいと思います。一日ゆっくりと安楽寺さんで過ごし下さい。ただ自身を深めることで、世界が変わってくるように思います。世界を知るように、自身を知る体験をして下さいませ。皆さまが、自分と出会いの日になりますように。
スタッフ一同、心を込めて喜びと感謝で務めて参ります。
宜しくお願いします。

2017.7.15(Sat)-16(Sun)
10:00 開門
17:00 閉門
入場料 1000円
※音meeting 代金込み

@住蓮山 安楽寺
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21番地
tel/fax 075‐771‐5360・京都駅から→市バス5号系統「岩倉操車場」行き
・四条河原町から→市バス203号系統「祇園・錦林車庫」行き
『真如堂前』下車、徒歩10分
(ほか、市バス32・93・204系統、JR京都駅より市バス100系統)

▼心meeting
Rabing / ハンドリーディング(手相術)主宰 白川とも子
茉莉花 / 占星術
——–
※ご予約受付します
※生年月日・誕生時間・出生地教えて下さい
——–
SOPDET 近藤みずほさん(16日のみ)
マジェンタ Majenta (15日のみ)/ サイキックリーディング
運気アップリーティング なんしー
aum / タロット
sanga / お香&聞香
——–
※聞香は両日 11時~
※先着順に参加費1000円
※香りを聞く香木は伽羅・沈香・白檀
——–
茶組 / 枇杷温灸(15日のみ)

▼身体meeting
身体調律ボディーフローイング
ふみふみ楽健法
sua / チベット医学と子宮セラピー
musubi / 脳幹エステ
karancoron (16日のみ)
田中庸平整体

▼食meeting
salute / 出すごはん&入れるごはん
日輪 / SWEETS♡&インドスナックサラダMOGIMOGI
hiraku-yo / 野菜とくだものジュース
杉山佳苗珈琲焙煎

▼音meeting~音浴ライブ (14時~15時)
Marlyn Anasonic / コトノハ-ウマレル-マエ-ノ-音(15日)× sanga 供香
このえのこ 岡田路世 / クリスタルボウル演奏(16日)× sanga 供香

▼shop
Watte Chai / 自らインドでスパイスを仕入れるチャイ屋
maka / 処方茶と処方オイル
primp&preen(15日のみ)/ リネンふんどしパンティーズ!
kakera / 天然石アクサセリー&クリスタル

皆さまお待ちしています!
スタッフ一同、感謝と喜びで務めてまいります。


▼聞香(もんこう)について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。

LINEで送る

【聞香】満月の会@茶房パニ敷地内パオ(長野)

『聞香(もんこう)とお月見蕎麦』

香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。今回は”伽羅・沈香・白檀・竜血(ドラゴンズブラッド)”の4種の香りを聞いて楽しみます。

その後、外に出て満月を仰ぎながら“いちや”の蕎麦御膳を戴きます。
満月の夜、幽玄な世界で遊びませんか

日時:2017年6月9日(金)
18:00開場 18:30開始
※皐月が満ちる時刻は22:10です

定員:8名(先着順・要予約)
参加費:2,500円
場所:ごろん/工房土喜 MAP
※茶房パニ敷地内パオ
その他:雨天決行/持ち寄り歓迎/寝袋持参で宿泊可能
お問い合わせ・ご予約
※満員御礼
香元:日本伝統香文化 山河

▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼香りを聞く樹脂
竜血(ドラゴンズブラッド)
※会場は風水学的に竜穴と呼ばれる場所ですので特別に

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。


LINEで送る

【聞香】【伽羅】かおりあそび @まるさんかくしかく堂(長野)

2017.3.25(Sat)
14:00 START(1時間程度)
CHARGE:¥1000+1drink
香元:日本伝統香文化 山河
予約:不要
※開始時刻に遅れますとご参加頂けない場合がございます

@まるさんかくしかく堂
長野県上田市上丸子280

▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】かおりあそび+クリスタルボールライブ@まるさんかくしかく堂(長野)

2016.12.10(Sat)
18:00-21:00
CHARGE:¥1500+1drink
FOOD:ほのかふぇ

@まるさんかくしかく堂
長野県上田市上丸子280

▼クリスタルボールライブ :
YUNA(星月舎)
※クッション持ち込み推奨

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」:
sanga


▼源氏香 (18:00〜)

日本の伝統的な芸道より、香の異同を聞き遊ぶ組香をナチュラルインセンスブランドの山河が執り行ないます。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定。源氏香は五度回される香の同異を聞きあてます。

クリスタルボールライブ + 香りの空間演出「INCENSeffect」(20:00〜)
YUNA(星月舎)

クリスタルボウルやネイティブドラムと共に命の躍動がそのまま溢れる「魂の唄」を唄う。インドのアシュラムでのバジャン(賛美歌)やエメラルドタブレットの世界を通じて、音が無限の源から流れてくる強烈な喜びを体験。全ての存在の内にある揺るぎない光を知る旅が続いている。現在は音と声、詩やデザインを通し「源の光」に触れるワークやライブ活動を展開している。
http://hoshizukisha.com

▽クリスタルボールとは
クリスタル(水晶とその他の貴石)で作られた器のことで、スティックで叩いたり擦ったりして音を出す楽器です。クリスタルボウルは魂を癒す優しい薬のようなもの。その音色は、クリスタルと石に宿っている叡智そのものをダイレクトに伝え、肉体・感情・スピリチュアルな面に大きな影響を与えます。無意味感や孤独感等、心や身体の滞りの解放をサポートしてくれ、分離から統合、ワンネスへ…本来の調和に満ちた状態へと導いてくれる素晴らしいツールです。また、クリスタルボウルの演奏中にマントラ(真言)を詠唱します。マントラは、あなたという存在の源との繋がりを深め、光の存在であることを思い出させてくれます。


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一之香、二之香……最も左が五之香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置いた大衆的な源氏香を提案しています。


香りの空間演出「INCENSeffect」
香りは「嗅ぐ」のではなく「聞く」と表現されることがあります。香りの空間演出「INCENSeffect」は、日本文化の奥ゆかしさが現れた「聞く」の感性を刺激する試みです。

独自に発明した香炉による香りの焚き分けやライブミックスを通して、香りと同様に「聞く」と表現される音楽との親和性を追求します。

山河は、空間というパズルに香りのピースを組み込みます。



Organized by sanga

LINEで送る

【組香】かおりあそび

2016.6.12(SUN)
第一部 16:00〜
第二部 20:00〜
CHARGE:自由料金+1drink

@対抗文化専門古書 気流舎
東京都世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F

▼明るみの氏香
第一部(16:00〜)

暗闇の源氏香
第二部(20:00〜)


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】みやびあそび

山河が本陣を構える長野県某所にて、ご愛顧頂いていますお客様並びに関係者様をお招きしてお花見を開催します。長野は今まさに桜が満開へ向かって咲き始めています。ヤマザクラをはじめとして様々な種類の桜が咲き乱れる山の中。雪解けの冷たい水が落ちる大きな滝と清らかな川が流れるプライベートな空間にてお待ちしております。

香りの空間演出「INCENSeffect」に加えて、香の異同を聞き遊ぶ組香も桜の下で開催します。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定します。源氏香では五度回される香の同異を聞きあてます。

参加を希望される方はご連絡を頂ければ詳細をお知らせいたします。準備の関係で送迎が出来ずご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2016.4.18(Mon)
START 11:00〜

@東信某所(長野県)

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」
SANGA


 

▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。


五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。

LINEで送る

【INCENSeffect】【組香】かおりあそび+ムビラライブ@まるさんかくしかく堂(上田)

2016.3.30(WED)
19:00-21:00
CHARGE:FREE+1drink+投げ銭

@まるさんかくしかく堂
長野県上田市上丸子280

▼MBIRA Live:
実近修平

▼組香&香りの空間演出「INCENSeffect」:
SANGA

▽第一部(19:00〜)
日本の伝統的な芸道より、香の異同を聞き遊ぶ組香をナチュラルインセンスブランドのSANGAが執り行ないます。組香のルールは特に人気の高い源氏香を選定します。源氏香では五度回される香の同異を聞きあてます。

第二部(20:00〜)
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に1000年間伝わる楽器Mbira(ムビラ)の演奏会です。演奏者はジンバブエより帰国して間もない実近修平を招聘。ムビラの演奏とSANGAのナチュラルインセンスと香炉による香りの空間演出「INCENSeffect」でお届けします。

実近修平
1981年10月16日生。山口県周南市出身。京都在。 Africa Zimbabwe のショナ族に1000年間伝わる楽器MBIRAのソロ奏者。 ショナ族のMbira player & Mbira maker の Rinos Mukuwurirwa Simboti に師事。 2014年5月現在までに5度、Zimbabweに渡る。 西嶋俊介、石村行、永田翔平らとMbira ユニットの「チョコリンガーズ」の一員として演奏する。2009年に全国ツアー。 2012年に解散。 「ニューアース」 2013年に結成した、石村行と実近修平のムビラユニット。 ふたりともRinos Mukurirwa Simboti に師事。 日本では京都、東京、静岡、大阪を中心に演奏活動とムビラのワークショップをしている。年間平均180ライブ。 主な演奏歴 美術館:名古屋市美術館 池水慶一による個展「毛深き人たち」での演奏、在郷美術館 寺社:水屋神社、梨乃木神社、妙音弁財天社、西方寺、善生寺、慶安寺、法然院、安楽寺、龍津寺、仏光寺他 教育機関:北九州市立大学、清水小島小学校 祭典:Fujido Fantastic Music Festival 不二洞幻想音楽祭、Mbira Summit East vol.7、Mbira music festival 2010 , 2011 画廊:堺町画廊、錦鱗館、ナリワイギャラリー他 cafe : カイラスレストラン、なやカフェ、MANIAC STAR、cafe CAPU、気流舎、ハライソ、クジラウオ、Aman他多数 共演者:Garikai tirikoti、Pasichigare Mbiras、近藤ヒロミ、UGmatsuhira、秋野亥左牟、David Kuckhermann、東山動物園のゴリラたち、Chocoringers、鎌仲ひとみ他

Facebook
https://www.facebook.com/shuhei.sanechika

ブログ
http://www.voiceblog.jp/mhukatiende/

▼Mbira(ムビラ) について (実近修平の独自の解釈)
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年間伝わる楽器Mbira。 精霊(祖霊)とのつながりを確認し、神へと想いを伝えるために演奏されてきた。 ムビラを演奏し、シャーマンが祖霊や偉大な精霊たちに祈りを捧げ、神へ感謝と守護の祈願を伝える。演奏の美しさによって祈願の是非が決まる。 ムビラの音は、雨音を連想させ、聴く者と弾く者の両者のマインドを静まらせる。 顕在意識から無意識への旅の途中に現れる、「まどろむ雲」を突破することに成功した者が、内面へと旅を続けることができる。 ショナ族は、ムビラの成立から絶えることなく音世界を展開し続けている。 弾く資格のある者は、その音世界から音を導く。 「ムビラのなかにすべてを観ることができる。」( by Simboti )


▼組香について
室町時代に始まった組香は香の異同を聞く遊びです。ルールは多数存在しており、代表的な「源氏香」をはじめとして七夕の伝説をテーマにした「七夕香」や「星合香」など、想像する力に富んだものばかりです。日本人の感性が生み出した世界に類のない香りの世界です。

▼源氏香について
幾つかある組香のルールの中でも特に人気が高い源氏香は、五度回される香の同異を聞きあてます。

源氏香の特徴は優美な図形を用いた回答方法にあります。基本となる五本の縦線を右から一ノ香、二ノ香……最も左が五ノ香としますので、同じ香と感じた縦線の上部を結ぶことで五十二通りの図示が可能となります。

五十二という数から源氏五十四帖を連想したのでしょうか。初巻「桐壺」と最終巻「夢浮橋」を除いた物語の「帚木」から「手習」までの五十二帖を各図柄にあてはめたものが源氏香之図です。
※クリックすると拡大できます

山河流は香そのものを楽しむことに重点を置き、大衆的な源氏香を提案しています。


香りの空間演出「INCENSeffect」
香りは「嗅ぐ」のではなく「聞く」と表現されることがあります。香りの空間演出「INCENSeffect」は、日本文化の奥ゆかしさが現れた「聞く」の感性を刺激する試みです。

独自に発明した香炉による香りの焚き分けやライブミックスを通して、香りと同様に「聞く」と表現される音楽との親和性を追求します。

山河は、空間というパズルに香りのピースを組み込みます。



 

Organized by sanga

LINEで送る