オーガニック」タグアーカイブ

【リリース情報】【数量限定】HOLY BASIL(ホーリーバジル)/ HERBAL INCENSE(薬草香)

【数量限定】HOLY BASIL(ホーリーバジル)/ HERBAL INCENSE(薬草香)
独自の調香によって、華々しくも凛とした香りに仕上げました。
ホーリーバジルは、インド大陸の伝統医学であるアーユルヴェーダでは霊薬とされ、ヒンドゥー教でも重要な役割を担ってきた薬草です。インドではTULSI(トゥルシー)と呼ばれます。

ホーリーバジルの有機栽培地:日本
The holy basil was organically grown in Japan.


▼調香・制作ノート
ホーリーバジルのフローラルな香りがもたらす体感は、渋味と甘味が主です。そこに僅かな酸味が同居しています。

▽割合イメージ
渋味:甘味:酸味=5:4:1

渋味が強いハーブは香りの劣化が早いものが多く、この性質はホーリーバジルも顕著でした。まずは、良質のホーリーバジルを獲得することが重要となり、国内外で栽培されているホーリーバジルの調査を行いました。その結果、原産国のひとつであるインドの温暖な環境に近しい場所での生育が重要と分かりました。

国内では宮崎と高知で収穫されたものが特に秀逸でしたので、高知市の有機農家に栽培を依頼しました。栽培はもちろんのこと、収穫から乾燥の工程までも管理された高品質のホーリーバジルを使用しています。

芳香成分を抽出したエッセンシャルオイルは利便性が高い反面、空気に触れることで酸化が進みますが、お香には強い保香作用があります。防腐剤や増粘剤を使用しない山河のお線香は、空気に触れることで熟成が促されますので、ホーリーバジルの加工には打って付けのように思われます。

調香では、ホーリーバジルの渋味を…続きは↓

▼ご購入先&ノートの続き
山河オフィシャルネットショップ

40本入 / 1本の燃焼時間:約25分
防カビ剤を使用していませんので高温多湿を避けてください。
化学糊を使用していませんので強い衝撃を与えないでください。
エッセンシャルオイルを使用していませんので炎が灯ると香りが変わります。
麻炭使用。プラスチック不使用。火の取扱いには十分注意してください。
Made in JAPAN.


▼LIMITED QUANTITY(数量限定)
歴史の表舞台に登場しなかった香りにフォーカスします。古くから、人の生活に寄り添ってきた自然物をお線香にします。


▼お線香
お線香は竹軸を必要としないため純粋に香ります。香煙を放つ火種下部は、約100℃を維持して上質に香ります。無炎燃焼する約300℃の火種によって、香り終えた香料は高温焼却されるので雑味を抑えます。
http://sanga-incense.com/?page_id=56#osenkou


【リリース情報】【限定】HOLY BASIL(ホーリーバジル)のリフレッシュスプレー


【限定】HOLY BASIL(ホーリーバジル)のリフレッシュスプレー
華やかな香りに仕上がったホーリーバジルのミストです。空中にスプレーすることでアルコールは蒸発して香りが降り注ぎます。程好い残香時間で贅沢なひとときを演出します。

▼ご購入先
https://sanga.thebase.in/items/15846577

数量限定
70ml (200プッシュ以上)
残香時間:約15分
精製していませんので香料の色が残っています。
シミになることがありますので注意してください。
火気厳禁。飲用できません。
Made in JAPAN.


【お知らせ】国産有機栽培SWEET GRASS(スウィートグラス)


ひらく農園様(高知県)との合同プロジェクトとして推進してまいりましたSWEET GRASS(スウィートグラス)の国産有機栽培に成功しました。栽培に取り組んでから3年目にして、香料の観点からも納得出来る品質となりました。

これまで使用していたアメリカ合衆国産のSWEET GRASSから国産有機栽培されたSWEET GRASSへ切り替えましたのでお知らせいたします。

国産有機栽培されたSWEET GRASSの香りにあわせて調香も改良され、より甘く重みのある深い香りとなりました。
SWEET GRASS(スウィートグラス)/  薬草香
※2016年11月生産分より

これに伴い、国産有機栽培SWEET GRASSの卸売(初回450g〜)と5gの一般販売を開始しましたのでお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。
「国内有機栽培SWEET GRASS(スウィートグラス)5g」の販売
「国内有機栽培SWEET GRASS」卸売のお問い合わせ
※国産有機栽培SWEET GRASS以外の香料の卸売はありません




【出店】【Workshop】GoGreenMarket in Nagoya

2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。

我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。

美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

期間
2016年
9月17日(土) 9:00~16:30
9月18日(日) 9:00~16:30
9月19日(祝月) 9:00~16:00

会場
ノリタケの森
名古屋市西区則武新町3-1-36
tel:052-561-7114
オフィシャルサイト

【アンティーク】
alulu Barn(愛知)・HP
BROCANTE de GIGUE(愛知県)・HP
CRUNCH(愛知県)・HP
DRY MIX(愛知)・HP
izaura(愛知)・HP
elephant.paw(三重)・HP
Float Gallery Antiques(愛知)・HP
Kirsikka(長野)・HP
Meno(東京)・HP
MOTHER LIP(東京)
RUSTIC GOLD(神奈川)・HP
solo antiques(愛知)・HP
みぃゆう。(静岡)・HP
東欧雑貨overflow(愛知)・HP

【オーガニック】
BLEND-LAB(三重)・HP
旅キッチン(東京)・HP
Aroma soap mumu(愛知)・HP
PLAIN COMPANY(神奈川)


sanga (長野)

▼Workshopのスケジュール
10:00〜
13:00〜
15:00〜

▽所要時間:30〜45分
▽各回6名まで
▽参加費:2,500円
※時間は当日変更される場合があります
事前予約も受け付けています


WHITE SAGE(ホワイトセージ)
ホワイトセージはネイティヴアメリカン(先住民族)が浄化のハーブとして使用します。スパイシーな香りが特徴的なハーブです。


PALO SANTO(パロサント)
パロサントはアンデス文明で祭事やシャーマン(祈祷師)が執り行う伝統医療で使用されました。ワシントン条約の保護下に置かれたことで希少性は増す一方。時代にあった香りは多くの人々を魅了します。

【クラフト】
adequate(静岡)・HP
ao;ni(愛知県)・HP
AroKandela(愛知)・HP
AYUMi(愛知)・HP
Beach Lumber(愛知)・HP
F.45(愛知)・HP
make my day(愛知)・HP
MARTEAU(愛知)・HP
Natale
PITAGORA BASE(愛知県)
SEED’S(大阪)・HP
teto*mono(愛知)・HP
VERT DE GRIS(京都)・HP
きいろ屋(愛知)・HP
さくら あんず(愛知)・HP
ウノダイサク(岐阜県)

【ファッション】
つつむ(静岡)
HUIS-ハウス(静岡)
Gate-1(東京)

【植物/ガーデン】
ATELIER MOKARA(愛知)・HP
faire sa vie & ando gardening(愛知)
GARDEN 花舎 みもざ(愛知)・HP
L’atelier chouchou(愛知)・HP
LOOP GREEN LABO.(愛知)・HP
風遊花(愛知)・HP
unitedbamboo(愛知)・HP
garage(愛知)
kito(愛知)
judino(大阪)
ゴールデンチャイルドガーデン(愛知)・HP
日々の、(愛知)・HP
とよた花菜(はな)工房(愛知)

【アウトドア】
LOCUS GEAR(神奈川)

【FOOD & KITCHEN CAR】
BOCHENO(愛知)
Chez No-Ma(愛知)
chilli paradise(愛知)(9/17,19のみ)
cafe siesta(愛知)(9/18,19のみ)
MERCART(愛知)
Morgan Coffee(ZARAME)(愛知)
K’s pit(愛知)
Sayulita(愛知)
The Higher green tea’s(愛知)
TRUNK COFFEE(愛知)
ぞうめしや(愛知)(9/17のみ)
アイランド(愛知)
ベビーダカフェ(愛知)
マグニーズカフェ(愛知)

【FOOD(物販のみ)】
cafeRob hisaya(愛知)
うめぼしの松本農園(三重)・HP
アマンルーツ(千葉)

会場マップ
当日会場では会場マップの配布はございません。
お越しになる前に、ぜひ印刷してお持ちください。

スマートフォンやiPhone、iPadをお持ちの方は
サイトの画像を保存/もしくはブックマークしてご覧ください。
※携帯端末の機種によっては表示できない場合もあります。

「会場マップ」を片手にGGM in Nagoya をどうぞお楽しみください

GGM in Nagoyaについて

欧米で近ごろよく耳にする「GO GREEN」という言葉。 それは、「緑化」のみでなく、地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮しを送るという意味を持っています。

多種多様なスタイルがありますが、オーガニックな食べ物や自然素材のプロダクト選ぶこと、ゴミを減らしてリサイクルすること、アウトドアで遊ぶこと、DIYでつくること、などなど。 「ロハス」と意味合いは似ていますが、精神論だけでなく、もっと実践的でアクティブな潮流と言えるでしょう。

Go Green Marketin Nagoyaでは、プリミティブなアンティークやガーデンジャンク、リネンウエアを扱うショップや、オリジナリティにこだわった園芸店、ラブ&ピースのメッセージを持つアーティストたちなど、およそ50軒がテントを並べ、欧米の田舎町で開かれるアンティークショーさながらの世界を作り上げます。

四季ごとの花を公開しているフローラルガーデンを会場としているため、緑の中を散歩しながら初夏の草花を体感できるのも、このマーケットの特徴です。

まだまだエコロジーへの意識が低い日本。 都市生活のあり方や自然とのつきあい方を見直すべきこのタイミングだからこそ、改めて自然のためにできることを考えるきっかけの場になれば幸いです。 このウイークエンドをぜひグリーンの中で、大切な人と過ごしてほしいと願っています。