春風」タグアーカイブ

【INCENSeffect+出店】春風2015 SPRING LOVE

春風オフィシャルWebサイトより転載:

2015.03.28.SAT 12:00〜20:00
2015.03.29.SUN 10:00〜20:00

FREE+カンパ
@代々木公園野外ステージ周辺
*雨天決行

お待たせいたしました!
いよいよ今年も桜の季節の風物詩、代々木公園最大の花見の宴『SPRING LOVE 春風』が開催されます。

今回のテーマは『未来への祝祭』。地球上の全ての人々を輝かせるような、自由奔放、多種多様、奇想天外なお祭りを、参加するすべての人たちといっしょに、創っていきたいと考えています。さて、『SPRING LOVE 春風』は2009年に「音楽を通じて、平和・非戦・非暴力の尊さを訴えるフリーフェスティバル」と銘打ち始まりました。それ以来、たくさんのアーチストやアクティビストの方々が情熱的にパフォーマンスや発言をされました。
今年の『春風』もそれらの情熱を受け継ぎながら、世界の平穏と、参加者ひとりひとりの未来が輝いていくことを、祝い楽しむお祭りにしたいと思います。それではみんなでこのお祭りを盛り上げていきましょう!春爛漫の代々木公園でお待ちしています!!

2015年2月吉日 Spring Love実行委員会一同

 


 

春風2015へのクラウドファンディングでのご支援をお願いします

今年も春風2015が3/28、29に代々木公園で開催されます。
フリーパーティですが、公園を借りるのも、設営するにも、当日の運営費もフリーではありません。皆さまのご支援が頼りです。どうか今後の継続のためにもぜひ!お力をお貸しください。よろしくお願いいたします。
https://motion-gallery.net/projects/harukaze2015


【出店】春風2013 -未来のためにできること-

春風オフィシャルWEBサイトより転載:

1998年にスタートした春風は、2002年より数年のブランクを経て、2009年、反戦/平和を主軸に置いたフリーギャザリング『~SPRING LOVE~春風』とてし再開。以降、『春風−未来の為に出来る事−』と題し、過去を祈り未来を展望する場、また、フェスティバルシーズンの到来と桜の芽吹きの祝いの場として、作り続けられました。東日本大震災以降は震災被災者への支援を主な目的として開催。集まった義援金は慈善団体に支援しています。

春風2013−未来のためにできること−
今年の春風はフェスティバル実施を通じ「福島の子どもたち支援」「エネルギーシフト」「Let’sDANCE」をキワードにした音楽/トーク/ワークショップなど震災後の新しいライフスタイルを提案。私たちが私たちの住む世界のためにできることを、紹介・実践していきます。

■開催日時:2013年3月30日(土)12:00〜20:00
■開催日時:2013年3月31日(日)11:00〜20:00
■会場:代々木公園野外ステージ周辺 *雨天決行
■入場料:FREE+カンパ
■会場構成(予定):
・ライブステージ(2箇所予定)
・トークステージ
・アートギャラリー
・ワークショップ
・キッズエリア
・スケートランプ
・パレード(代々木公園〜渋谷駅〜原宿)
・ベジタブルマーケット
・オーガニックフード
・フェアトレードマーケット
・NGO/NPOブース
・協賛フリーマーケット

主催:SPRING LOVE実行委員会
後援:関東地方環境事務所、渋谷区
関連イベント:アースデイ東京2013
協力:A SEED JAPAN、BE-IN、BUENA SUERTE、カドマン企画、BALANCE、TEAM、Third Culture、WAON PRODUCTION、Peace Not War Japan、POSIVISION、RA、natural smile

【福島の子どもたちへの支援】
震災以前から日本で暮らしている私たちには「福島を忘れてはいけない」をいう使命があると春風は考えています。特に東京は福島原発で作られた電力に支えられていました。福島県には原発関連の様々な予算が付き、一部の人達の生活は原発によって潤されていたのも事実です。ですが、福島の子どもたちにはなんの罪もなく、今も深く傷ついています。そんな子どもたちに春風を通して一緒に支援をしませんか? それは「フクシマを忘れない」と言うメッセージとなり、福島の子どもたちと未来に繋がって行くはずです。

*現在の福島の子ども達の様子を伝える展示ブースや、福島の子どもたちへの支援活動をする方を招いてのトークを行ないます。
*会場での募金活動を行ないます。
*福島の子どもたちのために活動する団体への寄付。

【エネルギーシフト(再生エネルギーの使用)】
今年の春風は全ステージ電源が、ソーラーエネルギーになりました。その他の電力はバイオ燃料を使った少数(1〜2台)の発電機で供給されます。これは会場全体から出る音量を下げ音楽プログラムの音量や音質を高めるだけで無く、原子力や化石燃料を使った既成の電力ネットワークを使用しない「フェスティバル(=社会)」が可能だという事の証しになると考えています。ただ「NO!」と言うのではなくポジティブな提案を!これは春風的脱原発アクションです!!
*音響電源のソーラーエネルギー化
*バイオ燃料使用
*エネルギーシフト関連のワークショップやNPOブースの出展。

【Let’sDANCE署名推進運動】
皆さんは「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」と言うのをご存じですか? 戦後直ぐに「売買春」を防止する目的で制定された法律。実はこの法律によって営業目的で「ダンス」をさせること(ライブハウス・クラブ)が法律で規制されているのです。近年、この法律を根拠にした警察による取締りが増えています(特に関西方面)。
春風では風営法の規制対象から「ダンス」を削除するよう署名活動を行なっている団体「Let’sDANCE署名推進委員会」に参加していただき、会場での署名活動を行ないます。今より「もっと気持ち良くダンスするために」も是非、署名にご協力下さい。