タグ別アーカイブ: 満月

【INCENSeffect】【出店】月酔祭2017@与論島(鹿児島)

月酔祭2017 – Full Moon Beach Festival in YORON Island –

月酔祭の今年のThemaは “Family”

自分にとって家族のように大切なひとと一緒に来て貰える様な
あたたかいお祭になるよう
祭の仲間みんなで準備をしてまいります

手さぐりで始めさせて貰った月酔祭も今年で4回目を迎えさせていただけます
多くの方の支えを頂き回を重ねる毎に
まあるくまあるく成長させてもらっています

だんだんと大切な仲間や家族が国内外から集まってくれるようになり
与論島にも沢山の協力してくれる仲間や楽しみにしてくださる方々が増えてくれて。。。

お月様のまんまるな優しさに包まれてご縁の輪っかもまんまるに輝き。。。
本当に幸せに思います

今年はどんな物語が、出逢いが、お祭を通して産まれてくれるのか、とてもとても楽しみです
そしてそのキラキラとしたエネルギーの最中
1アーティストとして絵を描かせて貰えることが本当に幸せです

オーガナイザーとして、まだまだ未熟な所もありますが、人生の宝物のような瞬間を
大切な人達と分かち合える喜びに感謝をして今年も愛をこめてお祭にむけて物語を紡ぎたいと思います

月酔祭2017も 煌々と輝くお月様に
みんなみんなと出逢えますように。。。。

月酔祭オーガナイザー
神田さおり

▼日時
2017年 7月8日 土曜日 満月
Start from Sunset

▼会場
@与論島 茶花ビーチ

▼入場料
¥2000
※小学生以下無料

▼出演ARTIST

▽LIVE
かりゆしバンド
川畑アキラ
CRYSTAL NADA
宮良牧子
成川正憲
Seco.Sunchez

▽DJ
Taromix

▽LIFEPAINT
神田さおり

▽炎舞
Sui Runa

▽Hula Dance
Ho’opono yunnu Aloha

▽INCENSeffect
sanga

▽Lighting
Masahiro Kawakami&TORU

▼出店
ΘGLASS
よろんマルシェ
sanga
and more…!

Organized by Saori Kanda,Takuma Ishiwatari
音響協力/渋谷GUILTY
協力/アズールカフェ,かりゆしカフェ,与論空港,ビレッジ
主催/ヨロン島観光協会


与論島へのアクセス&宿泊案内はこちら
www.yorontou.info

お問い合わせ/ヨロン島観光協会
☎︎0997-97-5151


▼出店大募集中
ご希望の方は、saorianan@gmail.comまで
ご連絡ください

▼昨年の月酔祭の模様はこちらをご覧ください
月酔祭2016



【聞香】満月の会@茶房パニ敷地内パオ(長野)

『聞香(もんこう)とお月見蕎麦』

香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。今回は”伽羅・沈香・白檀・竜血(ドラゴンズブラッド)”の4種の香りを聞いて楽しみます。

その後、外に出て満月を仰ぎながら“いちや”の蕎麦御膳を戴きます。
満月の夜、幽玄な世界で遊びませんか

日時:2017年6月9日(金)
18:00開場 18:30開始
※皐月が満ちる時刻は22:10です

定員:8名(先着順・要予約)
参加費:2,500円
場所:ごろん/工房土喜 MAP
※茶房パニ敷地内パオ
その他:雨天決行/持ち寄り歓迎/寝袋持参で宿泊可能
お問い合わせ・ご予約
※満員御礼
香元:日本伝統香文化 山河

▼聞香について
香りを聞き、鑑賞するのが聞香です。組香のように香の同異を聞きあてることはしません。心をゆっくりリラックスさせ、香りを自分の内側に取り込み心を遊ばせます。

▼香りを聞く香木
伽羅
沈香
白檀

▼香りを聞く樹脂
竜血(ドラゴンズブラッド)
※会場は風水学的に竜穴と呼ばれる場所ですので特別に

▼伽羅について
伽羅は香木の頂点に位置し、香道の主役とされる沈香(沈水香)の一種です。

沈香は、木質に沈着した木蜜(樹脂成分)の重さで水に沈むことからその名が当てられています。沈香の多くは、インドシナ半島(シャム沈香)やインドネシア(タニ沈香)の熱帯性ジャングルに繁茂するジンチョウゲ科ジンコウ属の植物です。

この植物は樹齢30年を越えた頃から木蜜の沈着が起り、100年以上の古木でなければ良質の沈香とはなりません。さらに、枯死した原木が泥沼地などに埋没することで、バクテリアによる分解・変成作用を受けることで神秘的な芳香を発するようになります。

ワシントン条約(通称)の希少品目第Ⅱ類に指定され、現在ではほぼ採取不能なベトナム産の沈香の中から油分が多く色の濃い良質部分が伽羅とされます。伽羅は、新たに採取することが出来ない大変貴重な香木となっています。

日本で有名な伽羅は、東大寺正倉院に収蔵されている蘭奢待(らんじゃたい)です。正倉院宝物目録での名は黄熟香(おうじゅくこう)で、「蘭奢待」という名は、その文字の中に”東・大・寺”の名を隠した雅名であることが知られています。蘭奢待は非常に重宝され足利将軍の義満・義教・義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが過去にその一部を切り取っていることは有名です。



【INCENSeffect】【出店】月酔祭2017 Pre-Party@新橋アトムCSタワー(東京)

\今年の[ 月酔祭 ]は7/8(sat.)Full Moon,与論島にて開催/

それにさきがけ
月酔祭…気になるけど、実際どんな感じ?そんな方にむけ
展示&イベントを東京で開催します!

【 月酔祭 Tsukiyoi Matsuri とは? 】

与論島の真っ白な美しいbeachにて
お月様の光につつまれ開催される
音楽とアートの祭です

第4回目を迎える今年は
7/8 土曜日 FULLMOONへ向かう夜に開催決定。

月明かりの浜で
みんなで キラキラと踊る
多幸感に充ち満ちた”あの瞬間”を
お集まりくださる皆さんと
一緒に迎えられることを
心から楽しみにしております。

【 月酔祭2017 Pre-Party 】

2017.4.28(Fri)
18:30-21:30
Charge-2000en

@新橋アトムCSタワー ( nociw gallery ) 地下1階
東京都港区新橋4-31-5
JR・地下鉄「新橋駅」より徒歩10分。日比谷通り沿い。新橋四丁目交差点が目印です。
遠方からお越しになる場合、東京駅をご利用する方はタクシーで約10分です。

▼Mini LIVE 19:30-20:30
宮良牧子
成川正憲
神田さおり

▼DJ
Taromix
KGO

▼INCENSeffect
sanga

and more…!

——-

【月酔祭2017 Presentation Exhibition】

2017.4.26,27,28
Open-11:00-17:00
Charge Free
※28日のみParty準備の為16:00迄、Party参加者は展示ご覧頂けます

@新橋アトムCSタワー ( nociw gallery ) 地下1階
東京都港区新橋4-31-5
JR・地下鉄「新橋駅」より徒歩10分。日比谷通り沿い。新橋四丁目交差点が目印です。
遠方からお越しになる場合、東京駅をご利用する方はタクシーで約10分です。

▼月酔祭Documentary Movie上映(約1時間)

上映時間予定
11:30〜
13:00〜
14:30〜
16:00〜
momoKatsu FILMによる
月酔祭2016の模様を密着撮影したドキュメンタリームービー上映

月酔祭 Photo Slid Show
(上記ドキュメンタリームービーの合間に随時)
これまでの月酔祭の模様を写真スライドショーで紹介
写真協力/井田宗秀氏、大月信彦氏

▼月酔祭 Photo Exhibition
(期間中常時)
月酔祭2016の瞬間を捉えてくれた写真家/井田宗秀氏による
写真展示

▼月酔祭 ART Installation
(期間中常時)
踊絵師/神田さおりがこれまでの月酔祭にて描きあげた作品の
原画展示


4/26-28の期間、新橋のとても居心地良いソファー空間に
月酔祭ドキュメンタリームービー上映、写真展示、さらに
月酔祭にて描かれた作品原画の展示を行います。

4/28 18:30〜はPre Partyとして
月酔祭のDIVAである宮良牧子さんをはじめとする月酔祭アーティスト&DJが大集合し、ミニライブも開催!

月酔祭…興味あるけど…どうかなぁと思っている皆様!
この機会にぜひ
月酔祭の雰囲気を感じにいらっしゃいませんか。

月酔祭に興味がある方、行ったことがある方、色んな方々が集まり出逢い、今年の祭りにむけて情報交換できたり、ワクワク楽しみを募らせてもらえる”月酔人”Gatheringになれたらと願っています。

新橋アトムCSタワーさんがこの企画に賛同してくださり
とても居心地の良い素敵な空間を協力してくださいます。
ぜひ、皆様のお越しをお待ちして居ります。

月酔祭オーガナイザー
神田さおり&石渡琢磨